« 携帯電話のカバー交換 | Main | つい買ってしまうもの »

JPPのライヴ

 今回、カウスティネンに行ったのも、いつもと同じくJPPのライヴが見たくて。最終日18日の22時30分からという、個人的フィナーレにちょうどいい時間。
 フェスティヴァル会場から離れた、学校の体育館のようなところがライヴ会場。JPPはアコースティックも好きだけど、PAガンガンのライヴもすごくかっこいいので、ここでのライヴは本当に楽しみ。

 一応セットリストを作ってみた。最後の曲、絶対知ってる曲なんだけど、どうしてもタイトルが分からない……。タンゴは初めて聴く曲でした。どちらもタイトルを、MCでArtoが言ってたんだけどねえ。フィンランド語を聞き取るのは、まだ難しい。


Lundgren
Köyrinkulma
Tjöck
Myllypolkka ja Eriks Polkan
(タイトルがわからないタンゴ)
Texas Blues
Antin Mikko
Irish Coffee
Sutela
Laitisen Mankeliska
Karjalan Yleiskatrilli
Bjudan Marsch
(タイトル、のどまで出かかってるのにわからない……!)

 最初に大好きなLundgrenが演奏されたってだけで、かなり心奪われました。テンポよく曲間ほとんどなしで最初から4曲を続けて演奏。次の曲、次の曲となるたびに、だんだん自分の気持ちがハイになってくるのが分かりました。なんというか、気持ちを一気にすくいとられたというか。このライヴまでに感じていたカウスティネンへの思いが爆発した、そんな感じでした。
 JPPを語るなら、まずフィドルが4人で、その掛け合いが絶妙なところかな。Maunoがメンバーたちを引率すれば、それにぴっちりと返す3人。それぞれが好きなことをやっていても、ちゃんと曲の要所要所でビシッとアンサンブルを合わせてくる。このバランスがアンサンブルを気持ちよくさせてるのかも。ベースのAnttiやハーモニウムのTimoはそれらを支える縁の下の力持ち的立場で、結構難しいことをやってるのに、それと気づかれないようなさりげなさが本当に素晴らしい。Väsenもそうなんだけど、こう、なんというか、「一生懸命演奏してます!」っていうのが全然見えない、飄々としたところが好きすぎる。みんな余裕顔なんだもの。ステキ。
 カウスティネンでのJPPのコンサートは毎回1時間くらいなので、2時間近くのちゃんとしたライヴを見てみたい。考えてみれば、カウスティネン以外でのライヴは見たことないんだった。ああ、またJPPのライヴが見たい。また、来年、やっぱり行くかなあ……。

ライヴ中のJPPは、本当にめちゃくちゃかっこいい。演奏の素晴らしさと相まって、惚れぼれする。
Jpp01

これは確か、Karjalan Yleiskatrilliを弾き終わったとき。
Jpp02

Artoはハンサムだと思う。
Jpp03

 終演後にはTimoとArtoを見つけてちょっとお話。
 「すごく眠かったんだけど、ライヴが素晴らしすぎて、ものすごく今興奮してる!」と言ったら、Timoが「僕も!」と言っていたのには、ちょっと笑ってしまいました。今回のライヴは、今までみたJPPのライヴでも一番良かった。本当に本当に大興奮のライヴでした。

 ここの音源の開始01:00:00くらいから聴くと、きっと幸せになれる。「あの興奮よ、もう一度」的な。Irish Coffeeからなんだけど、それだけでも十分。

|

« 携帯電話のカバー交換 | Main | つい買ってしまうもの »