« April 2009 | Main | June 2009 »

フィンランド・ウィーク、スタート!

 6月に出る新刊に掲載される楽曲の演奏映像の撮影や、怒涛の入稿作業でてんてこ舞いだった先週がやっと終わり、ほんの少しだけ気持ちに余裕が。

 そしてそして。
 今週からはフィンランド・ウィークがスタートですよ!!

 まず26日(火)は、渋谷でFinland Music Cafe。いろんなフィンランドのフォーク・バンドの秘蔵映像が見られたりするらしく、これはすごく楽しみなイベント。
 そして27日(水)は、ヨハンナ・ユホラのライヴ。数年前に東京で聴いたきりだったので、こちらも楽しみ。
 28日(木)と30日(土)は、それぞれ、待望で待望だったNordik Treeのライヴ! あー、本当に東京で彼らのライヴが見られるなんて、カウスティネンで見たときは想像だにしなかったなあ。ほんとうにうれしい!
 ということで、YouTubeの映像を貼ってみます。Väsenとはまた違ったカッコよさがあって、ステキなのですよ。
 日本にいながらにして、フィンランドにどっぷりと漬かる一週間。ドキドキ。

|

フィンランド語でトトロ

 先日、ある方から「こんなものがありますよー」とご紹介いただいたのが

 となりのトトロ フィンランド語版

 字幕、吹き替えともにあるそうだ。今度ためしに借りてみようと思ってるけど……聞いてわかるもんかなぁ。まだフィンランド語は音楽のように聞こえてしまってて、言葉として認識できるまでには至ってないんだよね。知ってる単語だけは耳に届くので、語彙を増やすしかないか、と。あと格変化に慣れねばね。
 というか、個人的には、紅の豚をフィンランド語版で見たい。こんどフィンランド行ったら、DVD見てこようかな。

|

先日行った公園

先日行った公園
そのまんまでちょっぴり感動。
[ゆ]

|

ラ・フォル・ジュルネ、終了

 最終日の5日はあいにくの雨となってしまいましたが、人出も多く、実に盛況なラ・フォル・ジュルネの3日間が終了。
 今年のテーマがバッハだったこともあって、たくさんのめずらしい古楽器が会場のあちこちに登場し、間近で楽器を見せてもらったりしながら、すばらしい音楽にもたくさん触れることができ、充実した時間を過ごすことができました。
 ちょうど来年の2010年は生誕200年となるショパンイヤーだからか、次はショパンがテーマ。今までテーマとなった作曲家(ベートーヴェン、モーツァルト、ドイツ・イタリア以外の作曲家たち、シューベルト、バッハ)たちに比べると、圧倒的にピアノ作品が多いショパンなので、どんなプログラムとなるのか今から楽しみ。LFJのことだから、きっと珍しい作品を演奏するんだろうなあ。来年は、ショパンの生まれ故郷でもあるポーランドのワルシャワでも、LFJが行われる予定なんだとか。LFJはますますグローバルな展開を見せてますね。

 昨日の6日は、録画しておいた「おにぎりあたためますか」の一挙放送分(約5時間分)をひたすら見ながらダラダラと過ごし、体と頭を休めました。
 今日からは、来月上旬発売予定の楽譜の追い込みが始まります。
 そしてそして! これから始まるフィンランドのミュージシャンたちの来日ラッシュ! 

 よし、またがんばろうっと。

|

ラ・フォル・ジュルネ 始まってます

 えー、今年も東京は丸の内でせこせこと動き回っています。写真撮ってブログにアップして、乾電池買いに家電量販店に走り、アーティスト捕まえるために楽屋へも走る走る。

 実はまだ時間ができるとVäsenのことを考えちゃうんだけど、メソメソするのはまた別の機会に取っておくとして(笑)、仕事に集中。

Lafollejournee09

|

« April 2009 | Main | June 2009 »