« July 2008 | Main | September 2008 »

今年も山中湖

今年も山中湖
山中湖に到着。いま目の前を白鳥が歩いて横切りました。写真はまだ湖にいたときのもの。このあと陸にあがりえさを求めて歩きだしました。
[ゆ]

|

フィンランドの作曲家ノルドグレン

 フィンランドの作曲家、Pehr Henrik Nordgren(ペール・ヘンリク・ノルドグレン)の訃報が飛び込んできた。
 8月25日、カウスティネンで亡くなられた。享年64歳。FIMICによる記事はこちら

 ピアニストの舘野泉さんより委嘱を受けて作曲されたピアノ曲「小泉八雲の怪談によるバラード」が、わたしにとっては一番身近なノルドグレン作品。ほかにもたくさん作曲されているので、詳しくはWikiに譲る(一番上のリンク)。

 2006年に日本とフィンランドでお会いしたときのことを思い出すと、胸が苦しい。
 来社されたときに初めてご挨拶をしたこと。わたしがフィンランドのフォークが好きだと言ったら、うれしそうに笑顔を向けてくださったこと。カウスティネンでお会いする約束をし、いろいろとあったけど、無事カウスティネンでお会いできたこと。そのとき、漢字がたくさん書かれている青いTシャツをお召しになっていたこと。お酒がお好きで、カウスティネンのフェスティヴァル期間中は、カハヴィラテラッシにいらしては、何をするでもなく、音楽を聴きながらお一人でお酒を飲んでいらしたこと。たぶん、毎日いらしてたんじゃないかなー……。今年はどうだったんだろう?

 もし来年カウスティネンへ行っても、もうノルドグレンの姿を見ることはできないんだね……。もう一度お会いしたかった。

 心からお悔やみ申し上げます

|

ドライブ

ドライブ
横須賀の三笠公園内にある、記念鑑みかさ。久しぶりのドライブでした。
[ゆ]

|

季節外れの模様替え

 束の間の落ち着いた時間が得られたので、頭の画像を変えてみた。
 本当は、6月ごろに、夏へ向けて、さわやかな画像と色に模様替えしたかったんだけど、結局夏も終わりに近づく今頃になっての変更。
 前回のトップ画像に引き続き、またもやルクセンブルク画像。
 2007年夏に行ったときに撮った、ルクセンブルク駅の天井。あまりにもキレイだったので、思わず写真を撮ってしまった。たしか反対側にはルクセンブルクの風景のステンドグラスがあったはず。これもとってもステキだったから写真に撮っているはずなので、いつか写真をアップできたら。

 このときは天気がものすごく良くて、外を歩くと暑かったんだったなー。最初は平気平気!と思いながら歩いて観光してたんだけど、そのうちだんだんしんどくなってきてしまい、結局帰りは大した距離でもないのに、バスを使って駅まで戻ったのでした。慣れない場所ではあまりバスには乗らないんだけど(やっぱりどこかへ行くのに一番便利で分かりやすいのは電車だ)、ほかの移動手段はないし(タクシーは高い!)、行き先は中央駅だし、変な場所まで行ってしまうことはないだろうと思ったので、市街地にあった大きなバスロータリーで路線図としばらくにらめっこ、たしか中央駅を通る循環バスに乗ったんだったかな。
 滞在時間たった4時間のルクセンブルクだけど、いろんなことがあった(本当にいろんなことがあった……)場所なので、かなり思い出深いし、その4時間をよく覚えてる。


 あ、また……!
 ま、文章書くリハビリ中ってことで。


 それにしても、いま使っているラップトップのキーボードがすこぶる調子悪い。キーを押してもスルーされること多々。何かこぼしたりしてないし、どういうこと? やっぱり見てもらった方がいいかなあ。でも、いまそのラップトップが手元を離れてしまうと、仕事ができなくなってしまう……。ジレンマ。

|

ランナーズハイ

 昨夜は仕事に夢中になっていたら、気づくと外が白んできて、窓から入ってくる空気がひんやりと冷たくて気持ちがいいなーと思っていたら、朝の5時だった件。仕事で徹夜はしない主義だったのに、これでとうとう3度め。くやしい。先日の打ち合わせで、校正って大変そうですね、という話になったとき、「いやいや、結構これが夢中になってくると、ランナーズハイのように快感になってきて、どんなに大変でも、いつの間にか楽しくなってきちゃうんですよ」と答えたことを思い出した。まさにそれを体現してるみたいな感じだった。
 7時ごろには眠さで目が回ってしまって立っているのも大変だったので、仮眠をとるも、1時間のつもりが3時間も寝てしまった。

 思い出したと言えば、昨年の夏に3週間近く、おもにドイツを周っていたことを、先日知り合いに話ししたとき、「ドイツとルクセンブルクの国境近くに行ったんで、せっかくだしちょっと足をのばしてルクセンブルクに行った。調べが足りなかったこともあって、どこへ行けばいいのかもわからなったので、滞在時間は4時間くらいだったけど」と言ったら、ボソリと「3週間いて、ルクセンブルクはたった4時間……」と言われてしまった。行った当時、さすがにちゃんともっと下調べをしてから足を踏み入れるべきだったと反省したけど、今また反省することになろうとは。

 ドイツと言えば、旅行。
 去年の夏も今年の3月もドイツ行ったけど、どうしてもまた行きたい。春先にドイツに行くことで、夏のヨーロッパ(というか、フィンランド)は諦めたはずだったのに、やっぱり駄目だわ。7月に入ってから会う人会う人に「今年もまたヨーロッパ(フィンランド)へ?」と聞かれるもんだから、やっぱり行きたいっていう気持ちになったりして。7月は旅行なんてできる状況ではまったくなかったので、ヘルシンキの風景が映し出されるウェブカムで我慢。でも、こういうのを見てしまうと、ますますカウスティネンへの思いが強くなってしまって、結局ストレスがたまってしまったので見るのをやめてしまった。やっぱり実際に行かなきゃ意味ないんだな、って思った。こういうのは、まったく関係ない時期に見るのが吉とみた。

 結局どこへも行けないまま、夏が終わりに近づいてる感。ええ、休みなんてありませんから。
 そういえば、今年は花火見てない。自宅から見えたスターマインのてっぺんのちょこっとだけが、今年の花火の思い出。悲しすぎるけど「いとおかし」で何とか自分を納得させてやり過ごそう。
 秋はイベントが多いな。楽しみな気持ちに切り替えられるよう、早くこの仕事を片付けねば。


 2日連続で更新したのは、どれくらいぶりだろう。
 とにかくものすごく久し振りだ。

 昨日に引き続き、平凡な日記だけど。

|

8月ですね、ハイ。

 本当は7月中にもう一度くらい更新しようかと思っていたのに、結局8月になってしまった。予想通りのひと月後の更新。いま書類をプリントアウト中。インクジェットで90枚。時間がかかるので、その隙に。

 元気に働いてます。このひと月は、ものすごい苦しみを味わったり、ものすごいうれしさを味わったりと、ずいぶんと浮き沈みの激しかった感あり。反省すべきこともたくさんで、自分が本当に嫌になったことは一度や二度じゃない。目指すところには、まだまだ到達できない。頑張ろう。

 いまやっている仕事のゴールが見えてきたので、泣きそうなくらいうれしいぞ。ゴールしたら泣いてしまいそうだ。

 先日あった打ち合わせ。てっきり事務所に行くことになるとばかり思っていたのに、指定された場所へ行ってみれば、セレブな街のお洒落なレストラン。まったく想定してなかったシチュエーションにかなり戸惑う。クライアントさんに「お久しぶりですね」と言われて、そんなに会ってなかったんだっけ?!と驚く。まあ、こちらは一方的に見てたから、久し振りという感覚がなかったのかも。言われてみれば、2年近く会ってなかったことに気付く。
 クライアントさんの提案(?)でまずは食事。私は夏バテ気味だったので、お腹はすいてるのに食欲がまったくなかったこともあって、生春巻きと鰺のフライを一切れずつ食べただけでお腹いっぱい。私以外はみんながっつりご飯とお味噌汁を注文して食べてた。さすが男子。
 お腹も落ち着いたころに打ち合わせ開始。クライアントさんたちは、以前と変わらずマイナスイオン出しまくり。それを浴びたおかげで、打ち合わせ中だったのにも関わらず、笑いも多く(いや、もちろんまじめに仕事してたけど)、ものすごく楽しくて、それまで荒んでいた心が完璧に癒されました。

 あ、印刷が終わったみたいなので、仕事に戻ります。

 うん? ただの近況報告になってるな……。ま、いっか。

|

« July 2008 | Main | September 2008 »