« ブライトコプフの熊 | Main | レコーディング2 »

レコーディング

 あわわ。前回エントリーしてから2週間も経ってしまった。

 今日(31日)から2月2日まで、昨年9月に行われたCD録音の続きで、ガッツリ3日間、再びCD録音の立ちあいです。前回の記事はコレコレ
 初日の今日は予定していたものを順調に録音、そして終了。ディレクターさんやエンジニアさんなど、スタッフのみなさんはもちろんのこと、演奏者が頑張ってくださったおかげです! お疲れ様でした。また明日もよろしくお願いします。
 今日の録音のメインは、ハンガリーの作曲家バルトークによる大作「ミクロコスモス」の第4巻。1音聴くだけで、バルトーク・ワールドへトリップ。楽しかったー!
 それにしても、クラシックでよく目にするタイトル、ノクターン(夜想曲)、インテルメッツォ(間奏曲)、ブーレなどが、バルトークの手に掛ると一味も二味も違う作品に仕上がっているのがおもしろい。
 ブーレは音楽の構造は確かにブーレだけど、でも現代音楽風味で、バロック時代なんかのブーレとは全然違う。インテルメッツォはブラームスの作品なんかがすぐに思い浮かぶんだけど、これもそんなイメージとは遠いインテルメッツォ(でも、インテルメッツォであることはわかる)。ノクターンも同じ。
 この3曲だけでも、バルトークのすごさがうかがえる。それだけじゃなくて、ミクロコスモスの完成度は圧倒的だともわかる。いろいろとやる気も出てきた!

 だがしかし。昨夜は遅く、今朝は早かったので、今はもう眠くってたまらんです。
 明日もレコーディングなので、今日はもう寝よう。パーシャを見ながら。カッコよすぎるよ、パーシャ。ああ、もう愛しすぎる。ラヴ。

|

« ブライトコプフの熊 | Main | レコーディング2 »