« ベスト・アルバム 2007 | Main | どう映るのか »

マイ・フェイヴァリット 2007

 一挙に!

夏目友人帳 第1-4巻(緑川ゆき)
 コミック。小さい頃から妖怪を見ることができる夏目貴志は、祖母レイコの遺品である「友人帳」を受け継ぎ、妖怪たちと様々な交流をしていく、というお話。ところどころ怖くてビクッとしてしまうこともあるけど、全体的にはとても優しい話ばかり。用心棒のニャンコ先生と夏目のやりとりがいい。大好き。続きが楽しみ。

花の名前 第1-4巻(斎藤けん)
 コミック。両親を亡くした水島蝶子は、父親の叔母の息子で小説家の水島京に引き取られ、共同生活を始める。京は自分たちをモデルにした小説「花名(はな)」を発表、お互いが想い合っていることを知る、というところから始まるお話。雑誌連載時はそんなに好きってほどでもなかったのに、なぜか気になって全巻買い。蝶子が通う大学にあるサークル「大正文士の会」に入りたい(大正文士はあんまり読んでないけど)。

遙かなる時空の中で 第14巻(水野十子)
 コミック。八葉の全員が記憶をなくし、人間関係がリセットされて今後どう展開してまとめていくのか楽しみ。この人の絵がとにかく大好き。へんにコンピュータを導入しないで欲しいと、切に願います。

陰陽師 夜光杯ノ巻(夢枕獏)
 小説。どうやったらあんなに匂い立つような文章を書けるんだろう。読めば目の前にその景色が広がっていく不思議。そしていつも変わらない晴明と博雅のやり取り。もうすべてが好き。夢枕獏氏の著書のあとがきばかりを集めた「あとがき大全」も最高におもしろい。もう、頭は獏脳になっていて、どっぷり。

アメリカン・ダンス・アイドル(FOX Japan)
 アメリカのリアリティ番組。原題はSo you think you can dance。全米5箇所で行われるダンスオーディションを勝ち抜いた男女20人が、一般視聴者からの人気投票で勝ち抜いていき、最終的にAmerica's Favorit Dancerを決める、というもの。有名なアメリカン・アイドルのダンス版。毎回いろんなジャンルのカップルダンスが楽しめるのは、本当にいい。ほとんどテレビを見ないけど、この番組だけは欠かさず見てる。

浜田賢二
 いい声すぎる。

2mm芯ホルダー
 ノック式はITOYA、ドロップ式はチェコの文具メーカーKOH-I-NOORのが超お気に入り。仕事で使う色鉛筆(朱と青)も2mm芯で揃えてしまった。

JETSTREAMボールペン(三菱uni)
 書き味最高。このペンと出会ったときの衝撃は大きかった。

セルロイドのペンケース
 金魚柄がかわいい。独特な香りもいい。

レイトン教授と不思議な町
 ゲーム。「頭の体操」が好きだったので、これはうれしいゲームだった。知ってる問題がいくつかあったので、割と早く全部解けたかと。続きの「レイトン教授と悪魔の箱」も138問クリア済み。早く続編出してー。

 こうやって挙げてみると、「なんだか……」な気分になるのはナゼだ。

|

« ベスト・アルバム 2007 | Main | どう映るのか »