« 楽譜とチョコレート | Main | ハルモニア、始まってるよ »

クリスマス前に届いたCD

 12月の上旬に注文して、クリスマスギリギリに届いたCDを。

Gunnar Idenstam, Johan Hedin / Låtar - Swedish Folk Tunes / CAP21733
Ensemble Villancico / Ensemble Villancico / CAP21658
Piano Concertos / Sven-David Sandström (1942), Johan Hammerth (1953) / CAP21608
Christinas resa - Christina's Journey / Stockholms Barockensemble, Susanne Rydèn / CAP21734
Experience the Nordic Tradition / Various / NTEX01

 上から順番に。
 Johan HedinとオルガニストのデュオによるCDをゲット。以前から欲しかったのが、セールで手に入ったのでほくほく。このデュオは3年くらい前にスウェーデンのラジオ局SRで聴いたときから、結構好き。オルガンとニッケルハルパって、相乗以上にあう。OlovとBromanderとのデュオもそうだった。
 2枚目はセール品で安かったので、どうかと思っていたら、ちょうど視聴できたので聴いてみたら1曲目でよかったので購入することに。スリーヴを読んでないのでまだなんとも。でも、すごくいい。音楽はめちゃくちゃいい。それだけ。でも、音楽を聴くっていう一番正しい聴き方、買い方のような気がする。直感。
 これも実はセール品。作曲者はスウェーデンの現代作曲家ってことくらいしか知らない。でも、視聴してやっぱりすごく気に入ってしまっての購入。音楽が、ピアノがめちゃくちゃかっこよい。ピアノ・コンチェルトだし、ピアノがかっこいいっていうのは、ものすごく正しい。
 今年1年、超お気に入りだったStockholms Barockensembleの、アルバム。これまたStabat Materで大のお気に入りになったソプラノSusanne Rydènが、バロック、もしくはそれ以前の音楽を歌う。ああ、ベルカントじゃない声の美しさと言ったら、なんと表現したらいいのだろう。「脳天を突き破って、天国にでも連れて行ってもらえるような声」。うーん、これでも自分にとっては、Susanneの声の良さを表現できてないと思う。でも、近からずとも遠からず。つまり、ものすごく大好きで気に入ってる声なのだ。
 これはNordic traditionが手がけているアーティストのオムニバスCD。この中にMikaelさんがいるっていうんで、迷うことなく購入。他の曲も興味深いものばかり。Mickeが参加しているその曲はTimber!というアルバムに収録されているので、本当はそちらが欲しい。でもまだ買える状態になってないので、コンピレーションで我慢してみた。早く買えるようにしてください。ほんと、頼むよ。

|

« 楽譜とチョコレート | Main | ハルモニア、始まってるよ »