« September 2007 | Main | November 2007 »

フィンランドの音楽教育について

 先日、知り合いの方からご連絡をいただき、速攻で申し込みをした「フィンランドの音楽教育―その躍進の秘密」をテーマにした講演とシンポジウムに参加してきました。
 前半はフィンランド国内唯一の音楽大学、シベリウス・アカデミーの学長、グスタフ・デュープシュバッカ氏による講演。テーマは「シベリウス・アカデミーの教育方針」で、フィンランドの教育システムから音楽学校のカリキュラム、アカデミーの基礎知識などなどを聞きました。後半はシンポジウム「フィンランドの音楽教育―その躍進の秘密」。パネリストはアカデミー学長と、上野学園の講師で音楽教育専門家の瀧川淳さん、シベリウス・アカデミーでの取材経験があるフリーライターの池田和秀さん、ピアニストでシベリウス・アカデミーの博士課程を卒業されている飯田佐恵さん。司会はピアニストの久保春代さんでした。それぞれの立場からフィンランドの音楽教育について語ってくださり、それがどれもこれもおもしろかった。

 まず前半のデューブシュバッカ先生による基調講演では、前述のとおりフィンランドの教育システムからアカデミーでの取り組みなどをお話されました。その内容を書いてみます(当日渡された資料より)。

・フィンランドの教育システム
・フィンランドの音楽教育システム
・フィンランドの音楽学校でのカリキュラムの典型例
・シベリウスアカデミーの基礎知識
・使命と展望
・学士と修士課程の典型例
・革新センター

 フィンランドでは、人口の18%が何らかの形で音楽教育を受けているそうです。全国に音楽学校(Music School)が89校あり、そのほか10の総合技術大学(Polytechnic)、9の音楽院(Conservatoire)があり、シベリウス・アカデミーは大学(University)で、音楽教育機関での最高府。そのほか音楽が科目にある生涯学習機関は約240もあるそうでうす。これらの機関は、国や民間の公的補助を受けて学校を運営しているため、生徒一人が負うことになる勉強にかかる費用は、他のヨーロッパ諸国に比べて17%と各段に少ない(ドイツでたしか40%超えだったと思う)、とのお話。
 フィンランドで音楽を学ぶのにもっとも比重が多いのは、個人レッスンだそうで、グループレッスンと比較するとその数値は96対4。細かい数値は忘れてしまったけど、ドイツでは個人レッスンが多いとはいえ、フィンランドよりはグループレッスンの比重が結構高かった記憶があります。
 さて、シベリウス・アカデミー。「使命と展望」を読み聞いて、なんだか胸にくるものが。資料から転載。

Sibelius Academy's Mission
The mission of Sibelius Academy is to cherish and renew all forms of musical culture. As a Finnish art university operating in an international setting, Sibelius Academy creates conditions for a hight standard of artistic activity, research and associated learning.
(シベリウスアカデミーの使命
シベリウスアカデミーの使命は、全ての形態の音楽文化を慈しみ、また新たにすることである。国際的な枠組みで活動するフィンランドの芸術大学として、シベリウスアカデミーは高度な芸術活動や研究、関連する学習のための環境を創造する。)

Vision 2012
Sibelius Academy is a prestigious international music university. It provides a high standard of education with its strong areas among the very best. Artistic activities, research and education at the Academy are based on nurturing tradition and renewing musical culture. Academy activities cross borders and are implemented in close interaction with the surrounding society.
(2012年への展望
シベリウスアカデミーは名門国際音楽大学である。最高の中でも得意とする領域で高度な教育を提供する。アカデミーにおける芸術活動や研究、教育は、伝統をはぐくみ音楽文化を新たにしていくことが基本である。アカデミーの活動は、国境を超え、周囲の社会との密接なかかわりの中で実施される。)

 これらに加えて、周りの環境との密接な関わりを持つことが3つめの重要な使命となっているそうです。
 はじめにこれらに目を通したときは、ずいぶんと高貴な使命のように感じたけど、アカデミーはそれを実践すべくさまざまな取り組みをしていることが徐々に分かってくると、これは使命というよりも、フィンランドの文化に対する、当り前のことを行うために掲げられたもののように感じました。

 後半のパネルディスカッションは、もっとさらに突っ込んで、実際に学生だった方やアカデミーを取材した方のお話を聞けて、これがすごくおもしろかった。
 学長も合わせて、この3人が一様に言っていたことは、「将来を見据えた教育」「実践的な教育」「自ら学ぶ教育」。

 池田さんが過去にアカデミーを取材した経験のお話を聞いてビックリしたのは、指揮科の学生は常にオーケストラを振って勉強をしていること。課題はハイペースで与えられるため、年間指揮する曲は(たしか)約60曲らしい。日本の音楽大学の指揮科がどんな勉強をするのか知らないけど、指揮科の学生とはいえ、毎週のようにオケを振れるなんて、これはものすごいことなんじゃないだろうか(ちなみにオーケストラのメンバーは、アカデミーの学生の中からオーディションで選ばれた優秀な人たちで編成されているんだとか)。
 飯田さんが博士課程で経験したお話を聞いてビックリしたのは、論文はもちろんのこと、博士課程の前にあるLicentiate課程で2回、さらに進んだ課程3回の計5回のリサイタル博士号を得るのに必須なんだそう。修士課程の学生でもリサイタルは3回開くとか、学生のうちに実際にコンサートを経験することが、どの学生にも課せられているという事実は、これまたすごいことなんでは。
 この2つは「将来を見据えた教育」「実践的な教育」を果たしており、学校を卒業してすぐの学生でも、即演奏家として活動できること、文化的活動ができることを意味していると思いました。「演奏家を育てる」というのはこういうことなのかもしれません。これはシンポジウムで出た話ではないけど、アカデミーの民俗音楽科では、学生同士で、またそれ以外でも、バンドを組んで活動することを学校側が非常に奨励している、という話を聞いたことがあります。だからなのか、アカデミーは学生たちのCDリリースにも手をかし、実際にアカデミーの名のもとにリリースされたCDがかなり出ています。これらはインディーズではあっても、世界中で活動を知ってもらうチャンスとなるわけです。わたしもそのうちの何枚かを持っていて、それのCDで知ったミュージシャンも多いです。なかなかCDを出すことなんて学生にはできないものだと思いますが、シベリウス・アカデミーではそれが可能であり、これもまた先の2つの教育の一環なのではないでしょうか。

 「自ら学ぶ教育」というのは、先生から「ああしなさい、こうしなさい」という教育(?)を受けるのではなく、自分でいかに音楽を表現するかということを考える力を養う、そういう教育を施しているようです。「教師は生徒に教えるものではない。音楽と生徒との間に教師が割って入ってはいけない」というのは、学長の言葉でした。先生が言われるがままに弾いてきた日本人学生が、いざ外国に出ると先生が何も言ってくれないからどう演奏すればいいのかわからない、というような話は今まで何度も聞いたことがあります。よく考えれば、音楽に正解はないのだから、自分で考えるのは当たり前です。最近の子供向けメソッドを見ると、自分で考えて演奏することを身につけさせるものが、少しずつ増えてきたように思います。この辺の話は書き始めると長くなるので割愛。

 ほかにおもしろいなと思ったのは、現代音楽が盛んだということでした。これは、普段フィンランドのある地方の伝統音楽を聴いているわたしには、ちょっとショッキングというか、大きな驚きでした。
 学長の分析によると、ドイツやオーストリアのように過去に偉大な作曲家を輩出した国の現代作曲家は、彼らを超える作品でないと、という思いが強いため、なかなか作品が生まれず、反対に、フィンランドはシベリウスという国を代表する作曲家がいるとはいえ、文化的には新しい国なので、過去の音楽にとらわれることなく現代音楽が生まれやすい環境だからではないか、ということでした。これには納得。
 アカデミーでは、作曲科と演奏科(という科はないけど、便宜上こう書きます)の学生のつながりを強化しようという取り組みがあるとおっしゃっていました。アカデミーの学生だった飯田さんは、実際に作曲科が作った実験的な作品の演奏をしたことや、知りあった作曲家の作品をコンサートで演奏した経験があったことをお話していました。また、フィンランドの作曲家ノルドグレンとピアニストの舘野泉さんとのコラボレーションで生まれた作品についても触れられていました。
 それにちょっと近いことで、学科間にあまり境界線がない、という話も。そう言われれば、JPPのAnti Järveläは民俗音楽科の学生だけど、ジャズ科の学生とバンドを組んでいたりすることを思い出したりしました。これは学科間の話ではありませんが、あるヴァイオリン奏者は、コンクールで優勝して以来300回以上もシベリウスのコンチェルトを演奏し続けて、ヴァイオリンをやるのがとても嫌になってしまったらしいんですが、民俗音楽を演奏するミュージシャンに交じってフィドルを演奏することによって、クラシックをやるモチベーションを維持しているという話は印象的でした。このような音楽を演奏することに境界線がないというのは、大きな力となっているような気がします。こういう環境が普通になっていると、「わたしはクラシック音楽の演奏家」ではなく、「わたしは“音楽”の演奏家」とサラっとみんな言っちゃうんだろうな。なんだかステキ。

 思いつくままにいろいろと書いてしまいましたが、社会での文化的な役割を果たし、提供していくこと、そのためにはどのようなことをすればいいのか、ということが理解、納得できた会でした。
 終了後に、このシンポジウムのことを教えてくださった飯田さんにごあいさつ。ほんの少しだけですが、学長とも話ができ(すごく気さくな人でした)、自分のモチベーションもあがり、いろいろと有意義な時間を過ごすことができました。

※10月16日 一部訂正

|

ニッケルハルパ弾いちゃった

ニッケルハルパ弾いちゃった
何度も目にしてるのに触ったことがなかったんですが、初めて触りました弾きました! 感動。
構えは見よう見真似なのでメチャクチャですが(笑)、こんなんでもVasenの曲の一部を弾いたりしたんですよー。

photo by josan (tack!)
[ゆ]

|

ドイツ、フィンランドの旅 5

9日 どんより曇り。今って夏じゃないの? 寒いんですが

いよいよハンブルク

 朝起きぬけから寒い。
 泊まっていた部屋を引き払い、次の目的地ハンブルクへ移動開始。なんだけどー。デュッセルドルフ中央駅を9時34分出発の電車が、10時過ぎても駅に到着してないってどうよ。おまけに待ってる間、とうとう雨まで降り始める。寒すぎて、トランクから上着という上着を出して重ね着。それでもまだ寒い。
 ドイツ鉄道(DB)は、以前はそれは時間に正確で優秀な電車だったらしい。今はどこの評判を聞いても「平気で20分、30分遅れる。5分遅れは普通」とまで言われてしまっているんだからなあ。日本の鉄道でたまにある5分、10分くらいの遅れくらい、全然大したことないなと思う。

 やっと到着した電車に乗り込みハンブルクへ。乗った車両が喫煙車だったのは失敗したー。大荷物だから移動も楽じゃないので、結局ハンブルクまでずーっとそこに座るはめに。まあ、喫煙者からは少し離れてたので、あんまり不快ではなかったけど。
 14時ちょっと前にハンブルク到着。駅の大きさと人の多さから、ここが大都会の駅だとよく分かる。駅中のお店の充実ぶりにワクワク。ホテルのチェックインまでまだちょっと時間があったので、ロッカーに荷物を入れてから、駅中のスタンドで軽く飲む。スタンドの女の子が親切だった。
 しばらく駅の中のお店を覗いたりして時間を潰していたら、チェックインできる時間がとっくに過ぎていたので、Sバーンで移動。でも乗る電車を間違えてしまい、目的とは全然違う知らない駅に着いてしまう。慌てて降りて乗り換え、やっとホテルの最寄駅のLandungusbrücken駅に到着。目の前にひらける海と、とうとうブラームスの生まれ故郷に来たんだ!と思ったら感動が止まらない。でも、海風がすごく冷たくって、ゆっくり感動にひたってもいらんない。急いでホテルへ移動してチェックインを済ませ、部屋に入ってすぐにヒーターのスイッチを入れ、ベッドにもぐり込んでブルブル震えながら部屋が暖まるのを待つ。出かけようと思ってたのに、これじゃあ、寒くて無理! コート欲しい! さすがにこの時期コートは無理だと思ったので、明日は街で長そでのシャツを買おう。
 駅で買ったクロワッサンを食べて、よせばいいのにビールを飲む。移動で疲れた体にしみこむのが早い。こういうとき、湯船に浸かったら、体がすごくぽかぽかするのに、と思いながらシャワーを浴びて、まだもや震える体を抱え込みながらすぐに就寝。

|

ドイツ、フィンランドの旅 4

8日 快晴。昨日とはうってかわっての天気。暑い。

観光DAY

 今日は観光の日。最初から決めていたのはケルン大聖堂を見ること。デュッセルドルフから大聖堂のあるケルンまでは、電車で30分くらい。気合が入っていたからか、普段の自分からはありえないくらいの早起きをしてしまう。
 さて、デュッセルドルフで泊まったホテル、ベストウェスタンは今回の旅で一番格安の宿泊費。なおかつ朝食付き。あまりの安さに部屋や朝食に全然期待してなかったのに、今回の旅で結果的に一番良かったホテルだった。とにかく朝食の品数が多く、めちゃくちゃ豪華だったのが印象的(ほかのホテルは品数も少なく、全然大したことない)。そのためか、「もしかしたら朝食追加料金取られるんじゃないか?」と心配になったくらい(笑)。でも、いくら取られようともいいやと、ここぞとばかりに食べる食べる食べる。しかもおいしい。苦しくてもう食べらんない!というほど食べ、各テーブルに置いてあった、魔法瓶のポットに入ったコーヒーを飲みながら、昨日は雨に降られてしまったので、今日はいい天気になることを祈りつつ、朝食を終える。
 部屋に戻って準備をしていたら、ホテルのすぐ近くを走る線路から電車が動く音が聞こえてきた。ベランダに出ると、空はすでに真っ青で晴れの予感。いそいそと部屋を出て、フロントのおじさんに挨拶をしてホテルを出発。

あこがれのケルン大聖堂

 以前ドイツ語を勉強していたときに読んだ本に、ケルン大聖堂のことが書いてあり、そのすばらしいゴチック建築の外観に見とれたときから、絶対行ってみたかった! そのころは、本当に行けるなんて思ってもみなかったなあ。
 デュッセルドルフを8時40分に出て、9時10分にはケルンに到着。近い近い。駅を出るともう目の前が大聖堂。その高さに驚かされる。買って持って行ったガイドブックには、中に入るまえに、大聖堂を一周してその大きさを実感してほしい、というような文章があったので、やってみた。柵や外壁、扉、ドアノブなどに施された彫刻ばかりに目が行ってしまい、実感と言えば「ああ、塔の工事やってるんだなー」ぐらいだったり。でも、ガイドブックにあった文章がなければ、一周しなかったと思うので、得るものは違ったとしても、周りを見てみて良かったと言える。
 駅から一番近い入口から中へ。ちょうどオルガンが演奏されていた。残響のすごさに体が震える。こんな中で音楽聴くと、天使や神様を信じちゃうよなー。ちょうどよく鐘もなったりしてて、幻想的。
 天井を見上げると、その高さには、驚きの声を上げることすら忘れてしまうほど。しばらく椅子に座ってボーっとしていたら、それまでガラガラだった椅子がほぼ満席状態に。外に出るに出られなくなっているうちにミサが始まったので、成り行きで参加することに。柱にあった電光掲示板に表示されている数字に気付く。実は、それがこれから歌う賛美歌の番号。これが分かった瞬間、荘厳な雰囲気が一気に吹き飛ぶ。でも終わってみると、合唱やらオルガンの演奏やら満載のミサに、ある種の幸福感には包まれた。
 ミサ終了後、塔を上ることに。
 幅1メートルもない螺旋階段をひたすら昇る。さすが築何百年も経ってるからか、石でできてる階段の真ん中がすり減ってそこだけ凹んでるよ。これ、怖いんだ、上ってると。バランス取りにくくて。それに、下り専用階段なんてないから、下りてくる人たちと、その狭い階段ですれ違うわけ。体格のいい欧米人とすれ違うときの怖さったら。必死で外側の壁に張り付いてじっとしてるときは、落ちないことを祈ったよ。階段を上るのは全然苦じゃなかったんだけど、すれ違うときは本当に怖かったし、これは苦だった。
 一番上まで昇ると、ケルンの街並を一望できるんだけど、あまりの高さに高所恐怖症でないのにちょっとだけ膝が笑う。
 高さに満足したら塔を降り、となりの宝物館へ。すんばらしい宝飾品の数々を丁寧に見てたら、それだけでお腹いっぱいになっちゃって、本当に食欲なくなりました。
 スーヴェニール・ショップでお土産を買って外に出たときは、まだお昼が過ぎてたくらいの時間。早起きすると、一日が長い! これからボンに移動するか、と思い駅へ向かうと、広場で陽気なサンバの音楽が聴こえてきたので足を留めて、しばし聴いていた。

予定変更してパレード見学

 デュッセルドルフとケルンの間には、旧西ドイツの首都ボンがあります。こちらもケルンからは本当にすぐ。当時の旅メモによると、ケルンのあとボンへ移動しベートーヴェンハウスを見学予定にしていたからか、駅からの地図が書かれていました……せっかく調べて書いといたのに、無駄になっちゃった。
 サンバの音楽を聴いていたら、ちょっとだけ小腹がすいてきたので、どこかで軽くご飯でも食べようかと思ってあたりを見回すと、道路の両側にある歩道にいつの間にか出来ていた人垣にビックリ。いったい何があるのかわからないまま、この人垣がどこまで続いているのか気になってしまい、そのままずっと人垣にそって歩くことに。途中のお店で瓶ビールを買い、それをそのままラッパ飲みしながら歩いていたら、すれ違ったお兄さんに"Oh Bier!"と驚きつつ、微笑まれる。いったいなぜ。みんな、やってるじゃない。まあ、女性でそんなことやってるのはわたしくらいだったわけだけど。
 駅から離れれば離れるほどに、人が多くなっていくのにとまどいつつ、しばらく歩いて行くうちに気付いた。昨日のデュッセルドルフでもそうだったけど、今日のケルンでは、男の子同士、女の子同士のカップルをものすごーくよく見かける。その多さは、前日の比じゃない。最初は微笑ましいと思っていたけど、あまりにも多いもんだから、もしかしてそういう場所に入り込んでしまった!?とちょっぴり心配に。でもそれは、遠くから聞こえてきた音楽と、たくさんの人を乗せたトラックが見えて、いろんな理由がはっきりと分かり、正直ホッとしました。
 つまり、そういう人たちのパレードだったんだな。しかもかなり大きな規模の。そういえば、前日の夜にホテルでテレビをつけてたとき、ニュースでそんな話をやってたような。
 通りすぎていくパレードを眺めていたら、だんだんおもしろくなってきてしまったので、結局ベートーヴェンハウスはまた今度ってことにして、結果的にはずっとケルンにいました。沿道で隣に立っていた男の子が、パレードしているそちらの方々にモテにモテていて、いろんな男性からいろんなものをもらってたのがちょっとおもしろかった。そんな中、バラを配っている男の子が寄ってきたので、その隣の子にあげるのかと思いきや、わたしにウィンクしながら差し出してくれたので受け取った。耽美な雰囲気のある色っぽい子だったわ(笑)。
 結局パレードを2~3時間も見てしまい、ケルンを離れたのは17時30分ごろ。ああ、ベートーヴェンハウスなんてもう閉まっちゃってる。クラシック好きのツーリストとしてどうなのさ、と思いながら、おとなしくデュッセルドルフに戻ったのでした。
 まだちょっと時間が早かったので市内を散歩するも道に迷い、いい加減歩き疲れてしまったので、たった一駅だけのためにUバーンに乗ってホテルに帰りました。自分がしでかしたこととはいえ、「ぎゃふん」って言いたくなった。
 駅のスタンドで買ったプレッツェル(パン)をおつまみに、500ml缶ビールを2本もグビっと飲む。日中の暑さと疲れもあり、体はドロドロで起き上がる気力なし。明日はハンブルクへの移動だっつーのに、そのままうたたねをかます。いま思えば、これが風邪をひどくした大きな要因だったわけだ。

|

« September 2007 | Main | November 2007 »