« まもなく発売 | Main | ドイツ、フィンランドの旅 4 »

ドイツ、フィンランドの旅 3

7日 曇り。ちょっと寒いかな?(途中で雨に降られ、その後が大変なことに)

デュッセルドルフ、そしてデュイスブルク到着

 8時ちょっと前にホテルをチェックアウトし、8時10分のICEに乗車。一路デュッセルドルフへ!
 きれいな景色を見ながらの列車の旅は、なんとも楽しく優雅で……とはいかず、指定席を買ってなかったので、最初はどこに座っていいいのやら分らなかったこともあり、結局ずーっとデッキで景色を眺めていたのでした。それでも1時間30分ほどだったので、まったく苦にならず、途中通過するボンやケルンに思いを馳せていたら、10時前にデュッセルドルフに到着。ホテルのチェックインにはまだ早かったので、駅のロッカーに荷物を預け、駅前のカフェへ。
 寒かったので温かい紅茶で体を少し温めて、適当に時間つぶし。まだ2時間も余裕があったけど、どこで何があるか分らないので移動することに(ちなみにコンサートは14時30分から)。12時にはデュッセルドルフからREでデュイスブルクへ移動。そこから路線903に乗ってLandschaftspark Nordという駅で降り、目の前に広がる公園に沿って7~8分ほど歩いて会場に到着。
Traumzeitfestival


 この903という路線はずーっとバスだと思い込んでたんだけど、実は地下鉄(というかトラムみたいなもの? 最初地下でそのあとはすぐに地上をずっと走る)だということに現地に来て知る。最初バス停ばかり探していたので、今考えると、途中で電車だと気付いて本当に良かった……。

 なかなか見つからなかったインフォメーションをやっと見つけ、チケットを買って、あとはホールへ移動、コンサートが開始されるのを待つのみ!
ヴェーセンの公演チケットとフェスティヴァルのプログラム

コンサート

 ホールと明記されていたので、いわゆるコンサートホールを想像していたのに、入るのを躊躇してしまうほど、「ここって、本当にコンサートするホール?」と思わずにはいられない場所でした。
 前から7列目くらいの中央寄りに座り、ホール内を眺めると、一応雨除けはあるものの、座席後ろ半分は屋外。ステージの後ろには、なにやら大きな機械。普段のコンサートでは絶対に目にすることはないものが周りにありすぎて、お客さんはこんなところで集中できるんだろうか。でも、ステージ中央に置いてあるヴィオラ、ニッケルハルパ、ギターを見ていたら、そんなことも忘れてどんどん気分がハイに。
 女性がステージに現れ、Väsenのことをいろいろと説明。内容はわりと普通のことだったかな。それにしてもドイツでVäsenのコンサートを見ることになるとは。
 ……なーんてことを考えていたら、3人がステージに登場。ああ、本当に本当にVäsenだー!!

 まずRogerがドイツでコンサートをするのは、12~13年ぶりくらいだ、と言って演奏が始まりました。……感涙。ドイツにトリオを聴きに行って良かった。すでに発売されていたLinnaeus Väsenに収録されている曲をトリオで聴けた幸せ。もちろんそれだけじゃない、もう、いろいろと幸せ。
 以前も出したセットリストを再び。

En timme i Ungern
Björkbergspolskan
Hasse A's
Carl Linnaeus polones
Linnaeus Långdans/Kör i lunken
Eklundapolska Nr.3(のはず)
Johsefins Dopvals
Kapten Kapsyl
-Slängpolska efter Byss-Calle

 コンサート終了後、向こうからMikaelとRogerが歩いてくるのが見えたので、腕全部を使って手を振ったら、2人ともすごい素の顔で驚いてたのに笑ってしまった。これからご飯を食べるんだけど、一緒に行くか?とRogerが聞いてくれたので行くことに。途中からOlovと合流。4人でご飯を食べていたら、空がいつのまにか暗転して、風が冷たくなり、いつしか雨が。温かいお茶で体を温めてから、その場に残らなければならないというOlovに別れを告げ、先にホテルに戻るというMickeとRogerと見送る。そのあとトラム(というか地下鉄?)の駅へ向かっていたら、それまで小雨だったのに、途中ザーザー降りに。おかげで駅に着くころには着ていたパーカーがびっしょり。寒いのを我慢して、濡れたパーカーを脱いで半そででいました。濡れぼそったパーカー着てるより、よっぽど暖かかったし。でも、電車に乗ったら悪寒が……。
 ホテルに帰ってすぐに熱々のシャワーを浴びて、ベッドにもぐったのは言うまでもなく。ライヴの様子や3人と話をしたことなど、うれしくてニヤニヤしちゃうような幸せを反芻しつつ、風呂上がりに胃へ流し込んでいたビールも手伝って、あっという間に就寝。明日はケルンとボンを観光予定。

|

« まもなく発売 | Main | ドイツ、フィンランドの旅 4 »