« ガジェット | Main | 世界を旅するメール »

基本環境ゲット

 パソコンネタが続きます。でもたぶんこれで終わり。
 というのは、やっとキー入れ替えができたから!(嬉)
 あと、ブログを書いてなかった期間、突如として浮上したブラウザ問題も無事解決しましたし。

 友人にキー入れ替えという技を教えてもらって以来、キーボードの「A」の横にあるCaps Lockキーは、Ctrlキーであり、半角/全角キーはEscキー、日本語入力か直接入力(アルファベット入力)かの切り替えは右Altキーだったのです。そういったキー入れ替えを可能にするのがAltIMEというフリーソフトで、今でも自宅のデスクトップ、職場のPCではこれを利用してます。普段Ctrlキーと組み合わせて使うショートカットキーを多用してるんで、これを導入するのとしないのとでは、作業能率が50%も違います(当人比。数字はウソ)。
 しかし購入したラップトップに搭載されているVistaでは、なぜかこのAltIMEが使えず、どうしたものかといろいろと試していました。調べてみると、同じようにVistaを使い始めてからAltIMEが使えなくなったという報告がそこここに出ていて、でも有効な対処方法は見つかりませんでした。こうなるとこのソフトを使うことをあきらめるほかありません。しょうがないのでほかの、何かいい方法がないか考えてみました。
 まず一つの方法として、レジストリをいじること。それからほかのフリーソフトを導入すること。
 今までレジストリは結構いじってきたけど、まあ、できることならばいじらない方がいいに決まってます。そう思うと、どう考えても一番現実的なのはフリーソフト導入だろうという結論に至り、もしいいフリーソフトが見つからなかったときにはレジストリをいじろうと、こちらはひとまず最終手段として残しておくことにしました。
 ということで、いろんなサイトや掲示板などを検索して情報収集し、検討・迷った結果、Xkeymacsというフリーソフトを導入することにしまして、さっそくダウンロードして設定してみました。
 もう、なんというか、「感動!」の一言。設定は簡単で、表示されたXkyemacsのアイコンを右クリックし、キーボードを表示。そしてマウスを使って使いたいキーを設定したいキーの上にドロップ&ドラッグするだけ。これ、本当にすばらしいです。しかもVista対応になってるし! タスクトレイに常駐しないのもいい。こんなことなら、もっと早く導入すべきだったー。
 これで快適ショートカットライフが復活!!

 あともうひとつ。ブラウザ問題。
 いえ、ブラウザ自体は超お気に入りのSleipnirというタブブラウザを使っていて、Vistaでも当然導入するつもりでした。
 が、古いバージョンである1.66はVistaでは有効にならない機能がありました。それは、「(Sleipnirを)標準のブラウザとして設定する」。これ、大問題。
 何が問題かというと、たとえばメールが送られてきて、そこにURLが貼ってあったとします。それをクリックすれば、XPまでは標準ブラウザとして設定していたSleipnir1.66が立ち上がって、ページを表示してくれていたんですが、これがなぜかできない。調べてみると、ブラウザのオプションにある「(Sleipnirを)標準ブラウザとして設定する」のチェックボックスにチェックが抜けていたことがわかりました。なのでそこにチェックを入れ、再びチャレンジしてみましたが、やっぱりブラウザが立ち上がらない。もう一度確認してみると、なぜかまたチェックが外れている。何度やっても同じことの繰り返し。いろんなサイトを探してみましたが、どこにもその対処法はなく、単純に2.xxの導入を進められているだけでした。1.66はすでに開発も終了してしまってるので、今後Vista対応の1.xxが出てくるわけもなく……ずっと使い続けていた1.66とお別れの日がやってきてしまったのだと悟りました。
 仕方ないので、使い勝手が悪いと思っていた2.xxを導入することに嫌々決め(すみません……でも本気でそう思ってたのですよ……)、ダウンロードする前に、自宅デスクトップにすでにインストールされてまったく使われてなかったのを、ためしに使ってみました。すると、使い勝手が悪いと思っていたところは、実は使い勝手よく変わっていたことがわかり、その使いやすさに、ここでも感動!
 こうなったらもうダウンロード、インストールしないわけにはいかない。使ってみると、1.66での不具合も改善されていて、標準ブラウザとして活躍してくれてます。

 こうして、ようやく基本環境を手に入れることができました。
 ああ、幸せ。

|

« ガジェット | Main | 世界を旅するメール »