« のだめ、ゲーム化とか | Main | 気分転換、または現実逃避 »

「熱狂の日」のタイムテーブル

 なんだかものすごく時間に追われているような気がする。わたしがあまり真面目じゃないから、そんな結果になってるんだろうな。もっと集中せねば。とりあえず、3月第2週くらいまでは、いろいろと気が抜けないし、正直、遊んでる場合じゃない。だから、どうか、リアルでお友達のみなさん、3月第3週になるまではわたしを誘惑しないでください(笑)。

**--**--**--**

 それはそれでおいといて。
 先日より、例のブログが始まりました。そう、例のブログ。ほら、ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン(熱狂の日)の公式ブログですよ。日本に先立って本場ナントで行われた熱狂の日の模様がすでにアップされてます。いいなー、ナント。

 そういえば、タイムテーブルが発表されてました。これを心待ちにしていたので、さっそく全公演をチェック。……もう、垂涎ものばかりで泣いた(笑)。思わず「こ、これは……!」と声を上げてしまったのが、ハンガリーのトラッド・グループ、ムジカーシュが出演予定であり、しかも2回公演があること!! すばらしい!! これは個人的に絶対絶対絶対はずせないので、チケット買います。
 今回のラ・フォル・ジュルネのテーマは『民族のハーモニー』なので、ヴィラ=ロボスとかミニョーネとか演奏されるんじゃ……と期待していたら、ヴィラ=ロボスはギター協奏曲の演奏予定がありました。演奏されるのはこの曲のみですが(本当はブラジル風バッハのどれかが演奏されることを期待してましたです、ハイ)、これも絶対絶対絶対はずせないので、チケt(略)。残念ながらミニョーネはなかったです。「当たり前か……」とは言いたくないですが、日本での知名度を考えれば、一般的に、ブラジルを代表する作曲家はヴィラ=ロボスなんで仕方ないですね。でも、ミニョーネの作品だって、まったく遜色なく、かっこよくてステキで、日本人に受け入れられやすい音楽なんだけどなー。本当に。
 そういえば、フラメンコもある!! これも絶対絶対聴かねば!!

 今回のプログラムは、室内楽がとても目につきました。普段なかなか聴くチャンスがない作曲家の室内楽作品はとても興味深く、アレもコレもとチェックしてたら、ひとつの体じゃとても足りません。北欧の作曲家たちの合唱もあるし。

 あー、もう、どうしよう!
 ワクワクが止まらないよー!

|

« のだめ、ゲーム化とか | Main | 気分転換、または現実逃避 »