« ベスト・アルバム 2006 | Main | がっつりと初買い »

ベスト・ライヴとか好きなものとか 2006

 PoddyからKahkymへの移行作業は約99.98ーセント終了。あと0.02パーセント。どうしても認識されない曲があって、それを移行することができません。しかも、その曲が入ったアルバムは人にあげてしまったので、困った困った。数日中に認識されますように。

 続きをすぐに書くつもりが、1日空いてしまいました、タイトルのこと。
 では、まずライヴ編。

●Väsen (Star Pine's Cafe, Tokyo, 17.06)
●Väsen (武蔵野文化会館, Tokyo, 18.06)
●JPP (Lukion Sali, Kaustinen, 10.07)
●Nordik Tree (Lukion sali, Kaustinen, 12.07)
●Tsuumi Sound System (Mondo Cafe, Kaustinen, 10.07)
●Frigg (Kulbi, Kaustinen, .07)
●Les Frères (Red Brick Warehouse 1st, Yokohama, 18.04
●Steven Isserlis (神奈川県民ホール小, Yokohama, 25.11)

 去年も、Väsenの来日コンサートは全部行きました。その中から2つ。奈良のコンサートも本当にすばらしかった! 今年の来日も全部行けたらいいな。
 05年とは違い、今回のJPPはアコースティックライヴ。貴重な体験だったかもしれない。
 Nordik Treeは結局3度ライヴを見たけど、公式なのはLukion saliのみ(笑)。あとはフェスティヴァル会場内とはいえ、屋外。でもどこでやっても変わらない3人が愛しくてしょうがない。
 Tsuumiが一番衝撃度大だったなー。ああ、日本でもっと知られてほしいよ。その辺のロックバンドなんか目じゃないくらい、めちゃくちゃカッコいい。
 Friggは04年に見たときよりも、05年に見たときよりも、着実にレベルアップ。ここ1年くらいで格段に上手くなった感じ。
 ドイツでのブギー・フェスティヴァルから帰国直後だった、このときのLes Frèresは演奏が明らかに変わってて、ものすごくすんばらしい演奏を聴いたと思ってます。
 イッサーリスのコンサート中、室内楽は官能的すぎると、ドキドキしっぱなしでした。初めてイッサーリスを生で聴けて感激。鼻歌歌いながらサインしてくれたことも忘れられない(笑)。


**-**-**


 じゃあ、お気に入りとか。
◎FinePix F11(富士フィルム)
◎パーリンカ
◎某先生からいただいた、ルーマニアの一部で売ってる唐辛子のペースト(名前忘れた)
◎"Inspiration comes of working."と書かれたビニールカヴァー付A5ノート
◎ミドリのトラベラーズノート(スケジュール帳)
Maku Viipalekurkku (Felix)
KARHUの復刻版スニーカー

 好きなものは、オタク要素を排除したらこんな結果に。では頭から。

 デジカメ。暗所でもまあまあな写真が撮れるので大活躍。動画も結構キレイに撮れる。音もまあまあ。
 パーリンカは果物から作ったハンガリーの蒸留酒。アルコール度数はきついけど、洋梨と桃は香りや味もすばらしく、女性向きかも。ついでに共産主義崩壊後に使われたというパーリンカが入ったビンのデザインがすばらしかった。ビンごとほしい。
 パーリンカをご馳走してくださった先生からいただいた唐辛子のペーストは、塩加減が絶妙で、唐辛子の辛さの中にしょっぱさが割と強く存在、あまり辛さを感じない風味でした。これがめちゃくちゃおいしくて、これを付けて食べるものはなんでもおいしかったなー(例:ボイルドウィンナー、卵焼き、ご飯など……)。その先生宅でハンガリー風ピザをいただいたときに初めてこれを食し、「このペーストおいしい!おいしい!」をくり返していたら(他意ナシ。本当においしかったんだって!)分けてくださいました。でも商品名忘れたー。たしかルーマニアの一部でしか手に入らないって、先生はおっしゃってました。
 このノートはソニプラで見つけて、たまたま買ってみた。ビニールの部分がポケットになっていて、好きな写真を入れられるというので、好きミュージシャンの写真を入れまくってます。そして、昨夏の旅行手帳ともなりました。インスピレーションはどうだったかなあ。
 マンスリータイプのスケジュール帳がほしくて、以前から気になっていたミドリのトラベラーズノートの、スケジュール帳タイプを購入。マンスリータイプは使いやすくていい! なんで今まで使ってなかったんだろう。
 フィンランドのFelixというメーカーが出している甘めのピクルス。意味は、Makuは「フレイバー」、Viipalekurkkuは「スライス(viipale)」と「きゅうり(kurkku)」の単語がくっついてます。フィンランドで滞在したお家の朝食に必ず出ていたもので、あまりのおいしさを再認識(05年も食べてたから)したので、商品名を聞いて近くのスーパーで買って帰ってきましたよ。ピクルスが苦手な家族にも大好評でした。
 たまたまネットで検索してて見つけたスニーカー。いや、KARHUという名前は知ってました。どっかで売ってないかなーと検索してて、日本で販売しているところを見つけて購入。しかもセール価格(笑)。履き心地が最高で、現在もっともお気に入りな履物。

|

« ベスト・アルバム 2006 | Main | がっつりと初買い »