« Friggのノルウェーツアー | Main | うわー、知らなかった…… »

キングのすぐそばで

キングのすぐそばで

今日は神奈川県民ホールで、「シューマンと仲間たち」というタイトルの室内楽コンサートがありました。チェリストはスティーヴン・イッサーリス。前々日くらいから楽しみすぎてドキドキしてました。
プログラムはクララ・シューマンのピアノ三重奏曲とブラームスとシューマンのピアノ四重奏曲。さっきコンサートが終わったばっかりです。
イッサーリス、すごすぎです。音楽や表現が想像以上にダイナミックで、もう、なんて言っていいやら。彼だけではなく、ほかの奏者も本当にすばらしくて、なんというか、感激のあまり叫びだしたい衝動にかられました。演奏終了後は体から力が抜けちゃって、足もがくがくしてて、歩くと自分がフラフラしてるんで笑ってしまいました。
それにしても、改めて思った、室内楽って官能的……! オクターヴ違いで同じメロディを演奏してるところでめちゃくちゃドキドキしてしまった……。もう、ヴァイオリンとチェロのやりとりとか、ヴィオラの入り方とか! とくにクララ・シューマンのトリオ。清純さの中に見え隠れする、ヴァイオリンとチェロのやり取り、なんであんなに官能的なの!

写真はキング(神奈川県庁)なんですが、うーん、ちゃんと写ってないー。

|

« Friggのノルウェーツアー | Main | うわー、知らなかった…… »