« Les Freres 題名のない音楽会21 | Main | やっと登場、くろきん!! »

「まるかつ」って結局誰?

 ネット検索をしていたら、偶然ファミコン時代のドラクエ竜王決戦動画を発見。実際にやっていたリアル世代な自分にはたまりませぬ。

 そうそう、昔はキャラが横向けずに、ずっと正面を向いたまま縦横移動してたな、とか、カギは1回使うとなくなっちゃって大変だったとか、鉄のサソリはホントに鬱陶しかったとか、ゆきのふにロトの鎧をもらったな、とか、竜王の城がある島へ渡るのに虹のしずくが必要だったな、とか、竜王の城って階層深く潜れば潜るほどBGMのテンポが落ちて「ああ、深く潜っちゃったな」ってことが体験できたできたな、とか、ダンジョンでは竜王にたどり着くまでに結構ヒットポイント(HP)減っちゃうんだよねっ、とか、大魔道はベギラマ多用でホントにムカついたよな、とか、死神の騎士ってすごく強くてムカついたよな、とか、ダースドラゴンってドラゴンのくせに魔法を使ったよな、とか、竜王が世界を半分やるっていったとき、「はい」って答えたらバッド・エンディングになったな、とかもういろいろと思い出したですよ。不思議と音楽は全部覚えてるもんで。

 でも、あらためてビックリしたのが、ラスボス(最終ボス)を倒すのに、レベル23くらいで余裕だったっていう(笑)。現在続いてるドラクエではありえない。こちらが竜王へのダメージ平均20程度でも20ターンほどで倒せるラスボス、竜王。8ビットの世界は本当にすばらしい。

 いちいちRPGするのが面倒なときの最強復活の呪文はコレ。
「まるかつはやつはりせかいいちだつたのだよ」(マルカツはやっぱり世界一だったのだよ)
 ロトの鎧がない状態でレベル23の勇者が生まれる不思議。一気に竜王へ向かってゴー! ビバ!復活の呪文!!

|

« Les Freres 題名のない音楽会21 | Main | やっと登場、くろきん!! »