« Les Freres 記事 | Main | Les Freres 題名のない音楽会21 »

Les Freres その17

 友人の友人が急に行けなくなったから、ということで誘われて、横須賀Younger than YesterdayでのLes Frèresライヴに行ってきました。YTYは久しぶりだー。

 8日にメジャーデビューして、その翌日に横須賀で、しかも彼らが結成当時から出演していたYTYでライヴをやるって、なんて心憎い。
 この日のライヴでは、ほとんどが新譜Piano Breakerからの曲で、アレンジもCDとさほど変わりはありませんでした。が、やっぱりCDを聴くのとライヴで聴くのとは、勢いがあったこともあり、まったく印象が違いました。
 では、セットリスト。

 Piano Breaker Boogie
 Over & over
 Dos Caballos
 Cross No.2
 For Kids'
 Apple Cake
 宝探し
 Ooh See Boogie
 Boogie Woogie 即興(守也くんソロ→圭土くんソロ→連弾)
 Flower Dance
 Happy Song
アンコール
 Boogie Back to YOKOSUKA

 今回は休憩なしの1ステージ制。最初にそう宣言されたときは、もしかしたら短いのかも、と思いましたが、結局は終了したのがスタートして約1時間半後でした。
 久しぶりにライヴでの彼らの演奏を聴きましたが、ますますテクニックもあがっているし、音楽のまとまりがすごくよくなっているし、二人の進化ぶりはすごいですね。彼らの実力は天井知らずでどんどん上がり続けているのがよくわかりました。
 そして、さすが地元・横須賀。デビューするずっと以前から応援しているファンが多く集まったからか、勝手知ったるなんとやら(使い方違う)のような感じで、二人もそれに煽られてたみたいでした。Flower Danceでは「Hey!!」の掛け声を、普段の3~4倍やってたと思います。掛け声と同時に花(のようなもの)も宙を舞っていました。これぞ横須賀!

 MCでは、デビュー日でもあった前日8日に、渋谷の東京メインダイニングというところでマスコミ向けに行われた、メジャー・デビュー・アルバム発売記念コンベンションでの出来事をいろいろと話ししていました。その日は会場に彼らがいつも使っているベーゼンドルファーのインペリアルが運び込まれ演奏。リハーサル中にピアノの弦が切れてしまったエピソードをYTYでも話していましたが、これにはかなり驚きました。プロの手によって完璧にメンテナンスされているんですから、普通はそんなに簡単に切れるものじゃありません。でも、Les Frèresらしい伝説になったかも。ちなみに切れた弦というのは、中央ドから3オクターヴ上のド(四点ハ、もしくはc4)です。

 ライヴ終了後、サイン会で少しだけではありましたが、守也くんと話しができました(圭土くんとは挨拶しかできず……残念)。前日の記者会見で取材陣から、今後はどういうところでコンサートをやってみたいか、という質問に守也くんが「月の上とかですかね」とコメントしてたのが、そのまま日刊スポーツの記事に載っていたのに笑ってしまったので、その話しをすると、「書かれちゃいましたねー」と笑ってました。
 ライヴ終了したあとの二人の笑顔を見て、なんだか安心。メジャーデビューすることも大変だったろうし、したあとはさらに大変なことがきっと多いと思うけど、これからもがんばっていってほしいです。

|

« Les Freres 記事 | Main | Les Freres 題名のない音楽会21 »