« ブルードラゴン | Main | いろいろと »

民放のドラマを見るのは何年ぶりだ?

 大ヒット中のクラシック・ラブコメマンガ「のだめカンタービレ」は、原作の最新刊が発売されましたね。最初に買った限定版のシャープペンシルは、マングースの顔の塗りがほんのちょっとはげてしまっていたので、保存版用にもうひとつ限定版を買いました。シャープペンシルだけあればいいので、だれかコミックいりませんか?
 
 そして、まさかドラマ化されるとは思っていなかった「のだめカンタービレ」が、ついに実写化されるとのことで、怖さ半分期待半分で1時間15分を見守ることにしました。頭から最後までちゃんとドラマを見たのは、本当に久しぶりです。平日はニュース以外はほとんど見ないから……。
 あまりへんなところもなく、なかなか原作に忠実で好感持てました。それ以上におもしろい。黒髪黒髪なんてこだわっていた自分がちっぽけに感じました。そして、期待していた真澄ちゃんもハリセンも、期待以上で個人的にうれしい。主役のふたりもすごくよかったと思います。今後はオケシーンがすごく楽しみ。

|

« ブルードラゴン | Main | いろいろと »