« ツアー三日目 | Main | 笛とギター »

ツアー最終日

 あー、なんだか気分が少しダウンしてるかも。今日で最後だもんなあ。また来年か……。わたしはなんでVäsenのライヴがないときにスウェーデンに行くんでしょうか。おバカ……。

 そんな気分はとりあえず置いといて。コンサートへ行ってきました@武蔵野文化会館
 前々回も前回も、ツアー中の何日かは必ず着物を着て行ってたんですが、今回は今日まで一度もないことに気づき、雨と汗でびしょ濡れになることを覚悟して着ていきました。
 会場に到着してみると、座席は前から3列目の中央という、めちゃくちゃ贅沢な場所。音もよく聴こえるし、姿もよく見える。しかもコンサートホールでのアコースティックライヴ。
 コンサートがスタートしてみると、今日はVäsenの演奏からでした。
 セットリストです。

En Timme i Ungern
Björkbergspolskan
Hasse A's
Appalachen
Vilse i Betlandet
Calles vals
Ridmarsch efter Byss-Calle
Eklundapolska Nr.3
-
Improvisation *
PJ2(Polska efter Per jonas Låg) *
Brudmarsch efter Andreas Låg *
Tokryck *
Johsefins Dopvals
Byggnan
Spelmansfällan
Yoko
Pedalpolska
-Slängspolska efter Byss-Calle
-Grannens Favorit

 やっぱり弦楽器はアコースティックがいいなあ。音が隅々まで聴こえるし、どんなふうに音が絡み合っているのかがめちゃくちゃよくわかります。PAなしだと、ニッケルハルパの倍音もよく聴こえてくるし、全体的に音も上に伸びているのがよくわかりました。ホールが良かったかな、響きも全然違いましたねー。 ニッケルハルパとヴィオラの絡み合いのすごさと、誰かが言っていたように、ギターはラップフィルムのような存在であることを改めて実感したコンサートでした。

 これでVäsenとしての日本ツアーは終了。今回のツアーは、ちょうど仕事がバタバタしていた時期と重なってしまっていたため、実はすごく苦しかったんだけど、会場に入り、演奏を聴いて、目でも楽しんで、メンバーと話をしてたら、そんなことはすぐに忘れてしまいました。とても楽しくって、今年も濃い時間を過ごすことができたと思ってます。
 昨日とは違う今日、今日とは違う明日、という具合に、毎日毎日見ていても飽きないのがVäsen。その日によって演奏も違えば、音楽の表情も違う、そんなVäsenがやっぱり世界一大好き。

|

« ツアー三日目 | Main | 笛とギター »