« おもしろかったこと | Main | オフィシャル・サイトができていた »

まだ残っていたよ

 Sveriges Radioを見ていたら、まだなくなってなかったので、リンク張っちゃおう。
 4月1日にスウェーデンのウプサラで行われたガラ・コンサートの宣伝も兼ねてる短いインタヴュー音源(たぶんね)。すぐになくなっちゃうかと思ったのに。Rogerさんがしゃべってます。Olovさんが笑ってます(この前はMickeらしき人とかいたが、よく聞いたらOlovの声だった)。
 で、記事。ちょっと短いし、ほとんどが見たことある単語なんで、訳に挑戦してみた。見事に違っていたらコメントよろしく。

-----*-----*-----
Folkmusikfest i Uppsala
Väsen, irländska Dervisch och dragspelsdrottningen Maria Kalaniemi. På lördag uppträder flera av folkmusikens världsartister i universitetsaulan.

フォーク・ミュージック・フェスティヴァル in ウプサラ
ヴェーセン、アイルランドのダーヴィッシュ、アコーディオンの女王マリア・カラニエミ。土曜日、数人のフォーク・ミュージックの世界的アーティストが大学のホールに出演します。
-----*-----*-----

 ち、違いますかね? 違ってたらすんません。日本語が不自然なところは許してください。文法のことはよくわかりません。4月1日は土曜日でした。この記事がアップされたのは、3月30日。
 形容詞がたくさんくっついてひとつの単語になっちゃうところとか、単語そのものを見ると、やっぱりドイツ語によく似てる。

 ラジオつながりで。
 Världens liv(e)を眺めていたら、6月4日に、Maria Kalaniemiがストックホルムのフィンランド協会で行った、5月3日のコンサートを放送するとの記述が。Världens liv(e)は、今後もこまめにチェックする必要がありそうだわ。あとFolkeっていう番組も。少し前にはOlov、Maria Kalaniemi、今度はGunnel Mauritzsonを取り上げるんだからねー。惜しくもMariaのは聞き逃しちゃったなあ。
 こういうラジオ、フィンランドでも何かあればいいのになあ。ただ、YLEのサイトみても、フィンランド語でし書かれてないので、何が書いてあるのかさっぱりわからないっつーのが、非常に問題。まあ、芬英・英芬辞書は持ってるので、辞書引き引き読むんだけどさ。

 それにしても、今ごろVäsenのアルバム、Världens Väsenが、「ヴェーセンの世界」のような意味になることを知りました……。おっせーよ!と自分へツッコミ。

|

« おもしろかったこと | Main | オフィシャル・サイトができていた »

Comments

ラジオは、何かあればお知らせしますね。でも、どのチャンネルもおもしろそうなので、向こうで一通り聴いてみるのも楽しいかも。
それにしても、宿、まだとってなかったんですか?! 深夜着でも、ユーロ内での移動なので、空港から出るときはそんなに時間かからないと思いますけど、初日くらいは予約いれといたほうがいいですよー。

Posted by: Yuka | Friday, May 26, 2006 at 13:40

6月29日から7月5日のあいだにストックホルム近郊でなにか聴けそうだったら教えてください。と人頼み^^;。いやだってまだ宿も取ってないんすよ、ほんとに。なんていっててどうにでもなるだろうと高をくくってるわけですが、初日は深夜着だからまずいよな。

Posted by: beeswing | Friday, May 26, 2006 at 02:18

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« おもしろかったこと | Main | オフィシャル・サイトができていた »