« タイの車にまつわる話 | Main | タイの観光地もちゃんと回った »

タイ王室との出会いも車で

 Lucky number 9999
 もちろん車はナンバープレートを持っていて、それぞれ色分けされています。一般的に一番多いのは白地のもの。赤地のナンバープレートっていうのもあって、新車だよーっていう印だそうです。新車を買ったら2ヶ月間はこの赤地プレートで走るんだそうです。黄色地もありました。でも、これはどういう意味があるのか、忘れてしまいました。大使館関係の車は空色地だとか。これは結局一度も見ることができませんでした。
 タイでは、ラッキーナンバーが9なんだそうです。たとえば、商売をやってる人などは、自分の車のナンバープレートに9を入れたがるらしいんですね。9999というナンバープレートを買おうとすると、これだけで500万円くらいするそうです。この写真は、渋滞中に見つけた、9999のナンバープレートを持った車。しかもこの車、ベンツです。総額を考えたら、それこそ日本で家が買えるくらいですよ。この人、超お金持ちですよ、いやはや。

 超お金持ちといえば、タイ王室。国民は王様をものすごく敬愛してて、お誕生日の夜は、国民はみんなろうそくを持って外に出て、お祝いをするそうです。それを上から見るとものすごく綺麗なんだとか。
 タイには夜に到着して、そのままバスでバンコク市内へ移動したのですが、高速で突然の渋滞。ガイドさん曰く「たぶん、皇太子が(車で)通るから規制してる」というので、窓に張り付いて通過するのを待っていたら、猛スピードで走り抜ける車が一台。あまりのスピードに誰が運転してたか見えなかったんですが、ガイドさんが「皇太子が自分で運転してた」というので驚きました。あんな猛スピードでかよ、と(笑)。120km/hは出てたんじゃないか?
 また別の日、バスで移動中王宮近くを通ったんですが、ここでも突然の渋滞。ガイドさん曰く「王様が乗った車が出てくるみたいだ」というので、外の様子を見ながら待っていました。王様が乗ってるであろう超高級車が、王宮から出て行くのを見えたので、思わず「おお!」と声をあげてしまいました。
 王様も皇太子も直接その姿を見たわけではないのですが、なんだかおもしろい体験でした。

 さらに続く。

|

« タイの車にまつわる話 | Main | タイの観光地もちゃんと回った »