« あわわ、あわわ | Main | 笛って、いいなっ! »

あわわ、あわわ(つづき)

 後編を見るかどうか微妙だった里見八犬伝。結局30分遅れで見ました。
 ちょうど大角の話しのところでした。化け山猫エピソードやってるじゃーん!(嬉) 一角のしゃれこうべから礼の玉が飛び出してくるとは、なかなかにスリリングなお話でした。どうやら対牛楼エピソードらしきものもやってたので、よかったです。道節が舩虫に「妻になってくれ」と言ってたのには、数秒の思考回路停止後に大爆笑。全編通して見て、わたし的にこれは『ありえないエピソード』の3本指に入りました。浜路が義実公を「父上」と呼んでいたのを聞いたとき、頭の上に無数のクエスチョンマークが。そうか、伏姫と浜路が姉妹という設定なのかと、あとで納得。
 全体的な感想は、まあ良かったかなー、って感じ。始まる前はかなり心配(?)してたけど、思ったより……だったので。

 おもしろかったのは悪役のみなさん。ナイスなキャスティングでした。一番印象に残ってるのは簸上宮六(大塚村で浜路が結婚させられそうになった陣代)。狂いっぷりが最高。グッジョブ。

|

« あわわ、あわわ | Main | 笛って、いいなっ! »