« ちょっと手をだしてみたら…… | Main | ケルティック・クリスマス 2005 »

「ガンダム・バトン」を強奪

 人がやってるのを見て、うらやましくなってしまい、指名されてもいないのに強奪してきました、「ガンダム・バトン」。ファースト・ガンダム世代なもんで、それだけで答えちゃってます。名セリフのところを答えるのが一番楽しかったー。
 関係ないけど、その1。ケロロ軍曹の絵で、ファースト・ガンダムのラストシューティング(頭部がなくなったガンダムが、ビームライフルを真上に向けて撃ってるやつ)をパロった絵をみたとき、なぜかひどく感動した覚えがあります。
 関係ないけど、その2。昔「ガンダム占い」なるものをやったことがありました。あなたをモビルスーツにたとえると?ってやつです。結果が、ザク(IIじゃなくてファースト・ザクってやつですかね)だったのが、えらいショックでした。せめてIIがよかったのに、よりによって……。同じ量産型ならGIMとかボールの方がまだ何倍もマシだと思わないかい……?

 あー。脱線しました。
 では「ガンダム・バトン」を。


■■ガンダム・バトン■■■■
【第1問】シリーズ中、最も好きな作品は?理由も教えて下さい。
 当然! ファーストガンダム! 理由は、1年戦争の内容が、子どもの頃すごく衝撃的だったから、とか。いや、ぶっちゃけ、理由はありません。最初にみてそれで好きだと思って、それ以来ずっと好きなの。

【第2問】最も好きなキャラクターは?理由も教えて下さい。
 ランバ・ラル。彼に勝るキャラなしっ! 理由? 面倒見がいい上官で、子ども好きで、いさぎよくって、男らしくって、ハモンをめちゃくちゃ愛しちゃってるところ。子どもの頃から好きで、よく「渋いね」と言われました。次点でシャア・アズナブル。当然。

【第3問】最も嫌いなキャラクターは?理由も教えて下さい
 ギレン・ザビ。王道すぎか。いや、実は嫌いじゃないな。
 えー、子どもの頃は幼心にカイ・シデンが好きじゃなかったな、いい加減な奴で(笑)。でも、ミハルとの関係で見直した。
 嫌いなキャラっていないな、そういえば。
 ん? あー!いたいた!すっごい嫌いなキャラ!! クエス・パラヤ!(←「逆襲のシャア」の登場人物) νガンダムのメカニックを担当してたチェーン・アギに、初対面のくせに暴言吐きまくった妄想お嬢ちゃんだから。

【第4問】最も好きなMSは?
 ガンダム(RX78-2)と言いたいところだけど(もちろん好きだ)、シャア専用機はどれも赤くてステキだと思います。その中なら、ザクIIとゲルググとズゴックが好き。あ、もっとも好きなMSか。じゃあ、ゲルググで。あー。でも、リックドムもカッコいいんだよなー……。迷う。つか、ファースト・ガンダムに出てくるMSはどれもカッコいいし、どれも好きだ。ジオングですら……(笑)。

【第5問】一番お気に入りのガンダムミュージックは?
 「男はー涙を、見せぬもの、見せぬものー ただ明日へと、明日へとーえいえーんにーぃーー!」タイトルわからん……。テレビシリーズのエンディング。小さい頃はオープニングの曲も合わせて、めちゃくちゃよく歌った記憶あり。

【第6問】最も心に残っているガンダムキャラの名言は?
 えーー! これめちゃくちゃむずかしい! ひとつに絞れないよー。なので、自分がよく真似をするセリフを羅列。
 「親父にもぶたれたことないのに!」(アムロ・レイ)←一番よく真似する。
 「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを……」(シャア・アズナブル)
 「戦いに敗れるということは……こういうことだ!」(ランバ・ラル)
 「スレッガーさんかい? 早い、早いよ!」(カイ・シデン)
 「大佐、いけません」(ララァ・スン)
 てなところかな。
 ほかには、アムロの「いきまぁーーーす!」とかセイラの「軟弱者!」とかシャアの「坊やだからさ……」とか。ラルの「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」もよく真似する。

【第7問】あなたはアムロ派?シャア派?理由も教えて下さい。
 どっちだろうなあ。そういう気持ちで見たことないので、何とも。でも「逆襲のシャア」を見てからは、多分シャア派。

【第8問】ガンダムキャラに自分を例えると誰?どういう風に似ているかも教えて下さい。
 ハヤト・コバヤシとか、どうだろう。ちょっと後ろ向きでちょっと卑屈入ってるとことか(笑)。言っておきますが、あくまでも性格が、です。外見じゃありませーん。

【第9問】恋人にしたいキャラクターは?理由も教えて下さい 。
 スレッガー中尉とかいいな。「逆襲のシャア」時代のシャアとアムロもなかなか。

【第10問】このバトンを5人に回してください。
 私の周りで、ガンダム好きな人って誰だ?

|

« ちょっと手をだしてみたら…… | Main | ケルティック・クリスマス 2005 »