« August 2005 | Main | October 2005 »

なんだか、もう……

 自分がいっぱいいっぱいになってしまってて、全然更新できてなかったですね。
 更新してない間、いろいろとCDを買ったり、コンサートに行ったりしてたけど、それすらも書けなかったよよよ。もう2週間も更新してなかったのか……。ヤバイ。
 とりあえず、買ったCDだけでもアップしよう。せっかく買ってもまだ全然聴けてないんだな、これが。

Inside the Cathedral / Paul Horn / KUCKUCK11075-2
Munniharppuuna / Tapani Varis / KICD46
Norsk folkemusikk (2 CD) / Et Utvalg Ved Steinar Ofsdal / HCD7170
Sibelius Piano Pieces / Izumi Tateno / 7243 476870 2 0(EMI FINLAND)
風のしるし―左手のためのピアノ作品集 / 舘野泉 / AVCL25028

 今すぐに分かるのはこれだけ。あとブラームスのピアノ・コンチェルト2番を3枚買いました。あとで追加しようっと。

 上から3枚は、タワーレコード新宿店で購入。なんと1枚315円で(笑)。ワゴンに入ってたセールCDを漁っていて見つけたもの。一番上はよく分からないけど、とりあえず買ってみた1枚。2枚目はカウスティネンのフォーク・ミュージック・インスティテュートが出している、ジューイッシュ・ハープのCD、3枚目はノルウェーの伝統音楽の演奏を集めたコンピレーション・アルバムで、これを見つけたときはうれしかったー! ワゴンを端から端まで見たかいがあった一品。ノルウェーの伝統音楽はこれから開拓するのだ。
 舘野さんのCDは仕事で必要だったこともあって購入。「風のしるし」に入っているブラームス編のシャコンヌは涙ものの演奏でした。EMI FINLANDのCDは、先日フィンランドへ行ったときにCD店で見かけて欲しかったもの。タワー新宿店店頭にあってビックリしてしまい、欲しかったものだったので即決購入。

 こんな感じかなー。
 現在注文中なのは、FriggのOasis(NorthSide盤)。注文しようか迷っているのはハウホイの新譜。いや、欲しいんだけどデンマークで買うとちょっと高くて……。もうしばらく様子を見るつもり。

 TVfolkが、また新しい(といっても撮影したのはずいぶん前かと。Artoのは3年も前だよ……)映像をアップしてた。Swåp2本とArtoですよ。3本とも堪能しましたですよ。Artoはやっぱカッコエエな。
Pasi K. & Hurmos
 それにしても、Pasi K. & Hurmosを知ってる方、いらっしゃいませんか。右の写真がそう。ご存知の方、ぜひともご一報を! せめてCDが出てるかどうかだけでも。調べた限りでは出てなさそうなんだけどね……。つか、この超ローカルなバンド(だと思われる)をご存知の方なんているのか?という疑問がなくもない。

 そういや、今日(正確には現地時間じゃないけど)からNordic Roots Festivalだー。

|

復活だよー!!

Helsinki South Harbour!!
 この前、ヘルシンキ・サウス・ハーバーのウェブカムが見られなくなっていると書いた。

 ふっかーーーーーーーーーーーーつ!!

 さっき見たら画面が復活してた。
 癒しだ癒し。うれしい……。
 

|

癒しが……

Helsinki South Harbour...?
 最近、日々の癒しともなっていたウェブカム。
 朝、アクセスすると、そこに映し出されるのはまだ夜が明けてない港。車の交通量も少なく、ライトで画面がボヤッとしてる。時間が経つにつれ空が白々としてきて、夜が明ける。ちょっとずつ増えてくる交通量、港の広場に駐車される車も増え、お店が並び始める。たくさんの人が集まっている様子、停泊していた船が出港する様子、船が入港する様子を、いろんな角度から見ることができて、ただ眺めているだけなんだけど、自分がそこにいるかのような感覚になるのだ。以前はたまに眺めているだけだったけど、今はほんとに毎日見ている。
 だけど、そのウェブカム、昨日から具合が悪くて画面が全然映らなくなってしまった。大ショック。そのウェブカムはわたしの癒しなので、早く回復してほしい。
 ヘルシンキ・サウス・ハーバー! カム・バーーック!

|

ケロロからLes Freresへ

ケロロ その2
ケロロ その1
ケロロ その3
ケロロ その4

 知り合いがケロロの首チョンパを買ってきたんで、ビックリ。ケロロらしく、頭がパカッと割れ、中からはフィギュアが。何だかすごくおかしいので写真をアップ。こういうのを買うところ、しかもそれをメールでわざわざ連絡してくるところが、知り合いの特性をものすごくよく表しているんで、爆笑。「コレ、誕生日プレゼント。あげるよ」と言われたが、心の底から辞退させていただいた。許せ、M(笑)。

 そういえば知ってますか。
 9月3日はドラえもんの誕生日でもあるんですよ。ドラえもんの誕生日て、工場で生産されただけやん、なんていうツッコミはナシですよ。誕生日とドラえもんはセットなんです、アハハハ。毎年同じことばっかり言って、よく飽きないもんだな、と自分でツッコミを入れてしまいますよ、ええ。だって他に目新しい話しもないし。
 あ、レ・フレールの結成日が同じ日ということは、目新しい話しだわ、そういえば。


 ということで、この日彼らの結成記念ライヴがあったので、横須賀のYTYに行ってきました(前フリ長いな。しかもケロロからかよ……)。


 (↓↓実はここからが本題です↓↓)
 Les Freres その6 〜結成3周年記念ライヴ

 よく考えてみたら久しぶりのライヴ。6月下旬から7月末にかけて、かなりマメにコンサートに通っていたので、ひと月も空けてしまうと「ものすごく」久しぶりの気が。
 やっぱりひと月って長いな、と思ったのは、ひと月前とアレンジがかなり違ってて、細部にわたって聴き応えがあったこと。毎回毎回違うアレンジはあったものの、今日ほど大きな変化を感じられたことはなかったんで、なんとも新鮮な気持ちに。あと、演奏が終わった後のお辞儀も、いつもはピアノよりも後ろでやっていたのに、なんとピアノと同じ位置でやっていたのは、一番大きな変化じゃないだろうか。演奏しているとき以外の彼らの見せ方が変わったのかな。これは本当にすごくすごく良かったと思う(後ろでお辞儀してたのは、いっつも違和感があったからさ……個人的に)。
 ということで、とても楽しい時間を過ごさせていただいた。彼らのユニット誕生日だったからなんだけど、途中ハッピー・バースデー(ブギーアレンジ)の演奏もあり、なんとなくちょーっとだけうれしかったり。やっぱり守也くんのピアノのタッチが好きだなーと改めて思う。ああいう、やわらかくて綺麗な音を出すタッチには超弱いのです、わたし。アンコールがいつもより多かったし、どこをとっても楽しかったなあ。ボリューム満点のライヴに大満足。
 19日は2台ピアノでの演奏らしいので、どんな選曲なんだろうと、今からワクワクする。

 あ、すみません。Les Freresの話しをしてるのに、横はケロロの画像で。


 メッセージをくださった皆々様方、ほんとうにありがとうございました。すっごくうれしかったです。こんなところでお礼言うなって感じですが。

|

おめでとう! Patrick!!

 約1年前からメールをやりとりするようになったアメリカに住んでいる友達が、わたしの誕生日の前日に結婚。
 わたしのあまりにも稚拙な英語に付き合ってくれて、いつもわたしが読みやすいようにむずかしい言葉を使わずに文章を書いてきてくれた、サッカーが大好きで、バレーボールについて熱く語っちゃう、お兄さんのような存在だったPatが結婚かあ……感慨深い。結婚までいろいろとあったみたいだけど、2人で仲良く収まっている写真を見て、(まるで姉のように)ホッとしてしまった。

 Congratulations, Pat!!
 I wish you both very happy.

|

« August 2005 | Main | October 2005 »