« Javier Ruibal | Main | エストニアのFolk Music Festival »

Les Freres その4

 またまた行ってきたよ、Les Freres@横須賀Younger than Yesterday

 この日、震度5弱の地震があり、JRは軒並み運転見合わせ。遅れないよう、余裕を持って地元駅に向かったら電車ストップしてるじゃないですか。もうどうしようかと。今日は行けないかなーと一瞬考えたけど、やっぱり行きたくて。調べてみると、利用する京浜急行は動いているとのこと。結局バスで上大岡駅まで出て、そこから京急に乗って横須賀中央へ行きました。

 そんなこんなで、30分も遅刻……(泣)。入ったときは、ちょうど守也くんがソロで即興演奏をしようとしていたところでした。今回もセットリスト書けない……。
 子どもたちは夏休み中、しかも土曜日(23日)ということもあって、ほぼ満員状態。すごい人気だー。彼らの演奏にあわせて踊りだす小さな男の子がいたりして、楽しいコンサートでした(その子は最後、はしゃぎすぎて疲れたのか、お父さんの腕の中ですやすやと眠ってた 笑)。座席がちょうどピアノのまん前だったので、そこからではステージが近すぎて演奏がよく見えなかったので、席には座らず、ほとんど立って見てました。
 コンサートは勢いもあってよかったんだけど、2人ともかなり疲れてたような……。もし違ったら申し訳ないけど、ファンとしてはちょっと心配。
 彼らの曲には民謡を絡めた曲が多いのがうれしい。その中でもとくに「ジョーカー」が好き。たぶん日本のスケールを使っているからだと思うんだけど、耳なじみもいいし、ノリもいい。彼らは伝統音楽や民謡が好きだというので、こういう曲をこれからもたくさん作ってほしいと思います。そして、いつかぜひ北欧のも取り上げていただきたい(笑)。

 自宅に戻り、出演するというラジオ番組をお風呂に入りながら聴きました。まとめて録ったのから、抜き出して放送してたらしく、それはちょっと不満。まあ、番組側でそういう作り方なんだろうからしょうがないんだろうけど。
 このとき、2人のキャラの違いがよく現れていたシーンが最後にあって、申し訳なく思いながらも爆笑。やっぱり守也くんはお兄さんで、圭土くんは弟なんだなーと。

 ところで、Les Freresの事務所がブログ「キャトルマンな日々」を始めてらっしゃいます。同じココログつながりだー。しかも、配色に見覚えあり(笑)。いい色ですよね、このグリーン。

|

« Javier Ruibal | Main | エストニアのFolk Music Festival »