« 最後のボタンを押せってば | Main | Soul Flower Union »

花に酔い、鼻が痒

 沈丁花の濃厚な香りが辺りに漂い、杉なのか何なのかわかりませんが、花粉も元気いっぱいに飛散。春ですねえ。

 今日はニュー・アルバムの発売を記念して、アルタンが緊急来日したっていうんで、コンサートへ行ってきました@渋谷DUO  昨年12月のケルティック・クリスマスと同じ場所だ。
 オープニングゲストに大島保克さん。これがめちゃくちゃ良くって、じんわりと体が温まっていくようなカンジでした。沖縄民謡の良さを改めて実感。沖縄に生まれたかった……!(これは以前から思っていた)
 アルタン、もうすごく良かった!! 特にマレードの歌が全部良くって、涙が流れそうになるのをこらえるのに必死でした。途中姉弟のアイリッシュ・ダンサーが踊り、どんどん、どんどん楽しくなっていって、アンコールでマレードのララバイを聴き(超シアワセ!!)、一番最後はみんな総出でステージで演奏。至福の時間でした。


 今日買ったCD。渋谷にはほとんど行かないので、こういうときにタワーレコードに行ってみました。

The Nyckelharpa / Collection Ocora (Radio France) / C560177
Finnischer Tnago / m.a numminen & sanna pietiäinen / TRIKONT US-0312

 1枚目はフランスのレーベルが出した、ニッケルハルパの曲を集めたCD。日本ではよく知られているCDなのかな? 結構いろんなところで名前を見ます。やっと手にすることができました。
 タンゴはアルゼンチン、という概念はありますが、フィンランドも結構盛んに演奏されているんですよね。JPPのアルバムを聴いていると、タンゴのリズムが結構ありますよね。まだ聴いたことがない? それはJPPの一聴をオススメします。

 これプラス、会場で買った、

Local Ground / Altan / VIVO-209

 サイン欲しさにCDを買い、アルタン全員のサインをもらいました。すみません、ただのミーハーです、ええ。緊張しちゃって全然話ができませんでしたけどねっ!


 今日一緒だった友人と話をしていて思ったこと。

 宝くじ当てるぞー!

-----------------------------

 「音楽の友」誌最新号(2005年4月号)に、Väsenのコンサートレヴューが出てます。なんかもう、ほんとにほんとにすみませんっ!ってカンジです。Väsenに関する初仕事でした。

|

« 最後のボタンを押せってば | Main | Soul Flower Union »