« The Show Fiddler (^0^) ! | Main | 素足の…… »

注目っつーか、追っかけてる。

 Antti Järveläという人がいる。
 正式にはフィドラー。
 でも、ギターもベースもハーモニウムもヴィオラも弾けちゃう。
 彼はJPPの新しいベース要員。JPPのサイトに掲載されているライヴ中の写真にも出ているし、Artoのサイトにも書かれていたし、公式にそうなったようです。

 しばらく前からこの人にメロメロなのだ(いかつい顔も好きだ! 笑)

 彼が参加しているアルバムで、手元にあるものは2枚(まだ3枚くらしか出てない……っと、忘れてた。String Teaseにも参加してるんでした。だから4枚かな?)。
 エンドレスで聴きまくってます。TVfolkにもピンの映像があるので(この曲はオススメ)、その演奏を見まくってます。

 もう彼の先行きが楽しみで楽しみでしょうがない。
 フィドルの演奏は普通に上手い。でも、正直言って、彼よりもっと上手い人はいる。
 彼の何がいいか、何が楽しみかって、彼のアレンジ能力。わたしには激しくツボらしく、Friggの中の曲でも、Oloneuvosの中の曲でも、彼のアレンジ曲はクリティカルヒットばかり。他のバンドの音楽に比べれば、そんなに複雑で凝ったアレンジというわけではない。けど、なんていうか、音に対してすごく素直な感じがする。そういうところがたまらなく好き。

 彼が中心メンバーとなっているFriggを知ったときは、正直言ってライナーも見ずにライヴに行ってしまったので、彼はベーシストなんだと思った(今考えるとアレだ……)。でも、たしかライヴでフィドルも演奏してたんだよね。それ見て、ああ、この人はフィドラーなんだと分かりました。

 Friggは今年もライヴがあれば見たいなー。てか、Anttiが見たい!!
 やっぱりJPPかFriggのライヴを見るしか。
 FriggもJPPも早く新しいアルバム出してくれーー!

|

« The Show Fiddler (^0^) ! | Main | 素足の…… »