« そのほかのフェイヴァリット | Main | 久しぶりの店頭買い »

ライトノベル

 立ち寄った書店にて、

・ライトノベル完全読本 Vol.2/日経BPムック/日経BP
・はじめての歌舞伎 演目ガイド/五十川晶子著/池田書店

 を購入。ライトノベル云々にはあんまり興味はなかったけど、表紙にあった「夢枕獏」「水野良」「氷室冴子」の名前に、思わず手に取り、レジへ持っていってしまった。
 ライトノベルってどんなんよ?と全然意味が分からず読み進めてみると、なんてことはない、わたしが中学・高校のころに読んでいた文庫本を指しているのか、と理解。ライトノベルと呼ばれる作品を出版しているシリーズの中には、その昔、わたしも読んでいたスニーカー文庫はもちろん、コバルト文庫も含まれていた。
 コバルト文庫といわれ、真っ先に思い浮かべるのは氷室冴子。中学のころハマり、中でも「なんて素敵にジャパネスク」が大好きで、何度も読み返したことを思い出す。瑠璃姫と高彬との恋愛がうまくいって欲しい反面、吉野君に救済を!なんて叫びたくなるような切なさ。モロに瑠璃に感情移入して読んでました。ははは。恥ずかしい(笑)。
 スニーカー文庫といえば、やっぱりガンダムシリーズでしょう! もちろんガンダムも読んでたけど、すごく好きだったのは「ロードス島戦記」シリーズかな、と。今でも大好き。最近、最新作が出ました。シリーズの中のひとつ、「ロードス島伝説」も好きです。山田章博さんの挿絵が美麗で最高。だけど、現在連載中の「新ロードス島戦記」は惰性で買ってます。いまいち主人公のスパークが好きになれない。わたしの中では、パーンがロードスの永遠のヒーロー。あとは、出渕裕さんの絵から美樹本晴彦さんに代わったのも、じぶん的にはマイナスだった。単体でみると美樹本さんの絵は綺麗なんですが、ロードスの雰囲気に合ってない気がして……。ディードが違いすぎ。

 と、まあ、いろんなことを思い出し、思い馳せながらこの本を読みました。
 たしかに書店に行ってよく見るタイトルが「おもしろくて人気のある作品」として並んでました。しかもそれは、表紙を見ただけで購入をあきらめているものばかり。読んでみたいな、と思うものに限って、絵がロリちっくで購買意欲を削がれるのは問題じゃないか? 絵も作品のイメージにつながるということで、ライトノベルではかなり大事にされているようだけど、「失敗してるんじゃない?」と聞きたくなるものが多いような気がする。好みの問題だけど。
 わたしが中学・高校のころは、こんなにアニメちっくな挿絵は少なかったように思う。ジャパネスクも今の傾向から行けば、かなり普通の挿絵だったし、わたしはそれが好きだったけど。今は違うんですねえ。ロリ絵や現在主流のアニメ絵が悪いとは言わないけど、せっかくおもしろそうな内容なのに、絵で買うのをあきらめてるライトノベルはかなりあるので。ときどき、絵としてあんまりにもひどいのを見かけると、床に叩きつけたくなることもあるな(笑)。話の内容は悪くないんだろうな、と考えると作者さんがかわいそうになることも。

 ああ、いったい何が書きたかったのか、さっぱりわからないので、このまま逃亡。
 歌舞伎本は、まだ読んでません。でもこれから勉強するために購入。いろんな演目を見てみたいので。

|

« そのほかのフェイヴァリット | Main | 久しぶりの店頭買い »