« ツアー初日(大阪・南堀江) | Main | 2 collector's items »

ツアー2日目(東京・武蔵野)

 行ってきました。さすがにヘロヘロになりましたが。
 昨日の大阪公演を終えて、次の日は早朝の新幹線に乗り東京へ、そのまま出社して、また夜コンサートと相成りました。

 今日の会場は武蔵野スイングホール。座席は可動式っぽい階段席で、全部で200席〜250席くらいだったでしょうか(あとで聞いたら、180席だったそうです)。ほぼ満席。
 前半が、Olovによるニッケルハルパについてのレクチャー(40分)と、後半はコンサート(60分)でした。今日は曲目プログラムがあったので、集中して音楽を聴くことができました。

 前半のレクチャーは、かなり興味深いものでした。
 ニッケルハルパがどのような歴史をたどってきたのか、という話から、OlovとMickeの初めての出会いの話まで、40分があっという間でした。かなり数奇な運命をたどっている楽器だということが分かりました。ほんとにおもしろかった。途中、ソロで数曲弾いてくれて、ものっそい得した気分に。

 で、後半はOlovの紹介で、RogerとMickeが登場。そして演奏。当初の予定では、4曲目、5曲目が9曲目、10曲目でした。でも、直前になってこのように変更。

1. Björkbergspolskan
2. Hasse A's
3. Fallandepolskan
4. Appallachen
5. Pedalpolska
6. Polska på övervåningen
7. Bromanders 100-års polska
8. Calles vals
9. Ulfsunda Brudmarsch
10. Glada polskan
11. Nipponpolka
アンコール
12. Slängpolska efter Byss-Calle

 正直に言います。
 昨日に比べて、かーなーりっ良かったです。昨日とは違う変化がものすごく楽しかったです。
 アンコールでは、大阪に続き、まーた3人ともおもしろいことをはじめ、それがまとまらずに終わったのには大爆笑。メンバーも大爆笑していたのでした。
 終演後、ちらりとご挨拶。なぜか人のカメラに、メンバーと一緒に収まっているわたし……。ちょっとだけ話をしたら、メンバーはホールを気に入ったようでした。やっぱりVäsenのコンサートは、このくらいの規模がいいのかな。本人たちもそんな風に思ってたようです。
 そして、また明日ねー!と言って、ホールを後にしたのでした。

 明日はOlovの誕生日パーティですよ。

|

« ツアー初日(大阪・南堀江) | Main | 2 collector's items »