« DVD | Main | MT本格導入 »

忘れないうちに

 ほかにも書きたいことがいっぱいあるんだが、とりあえずCDが到着したので。

 JPPのCD2枚をStern's Musicというところに注文した。商品が届かずに「在庫がない」というメールが届くのではないかと心配だったのだが、結局それはなく、25日のクリスマス当日に届きました。まるでクリスマスプレゼントのようだ(笑)。
 届いたのはこの2枚。

 KAUSTINEN RHAPSODY / JPP / OMCD53(1994)
 PIRUN POLSKA / JPP / OMCD37(1992)

 もう買えないんだろうとばかり思っていたアルバム(特にPIRIN)だったので、わたし的にホクホクなのだ。
 今じっくり聴いているのは、PIRUN POLSKAで、これがものすごくいい。NorthSideから出ているベスト・アルバムHistoryの曲もだいぶかぶっているけど、アレンジが違っていたりして、聴きごたえは充分。JPPの前身(というのか?)Järvelän Pikkupelimannit("Little Fiddlers of Järvelä")から数えて、結成10年目につくられたこのアルバムは、彼らが好きで、また人気がある曲を再録音したものと、新曲を数曲交えたもので、グループに勢いがあって、気合いも感じられる。これが10年以上も前の作品だとは思えないくらい、古さをまったく感じさせないところが、本当にすごい。
 JPPってメンバーチェンジが激しいのか、そうなのかはわからないが、このアルバムで現在もメンバーなのは、ArtoとMaunoのJärvelä一族と、Timo Alakotilaの3人のみ。しかも、Järvelän Pikkupelimannit結成時からのメンバーはArtoとTimoだけしかいない、というのにはちょっと驚いた(Maunoは結成して1年後くらいから参加)。22年って長いなあ。しかもいまだに進化し続けていて、動向から目が離せない。

 FIMICのJPPバイオページによると、来年2005年には新しいアルバムの計画があるようなので、今から楽しみ。アルバムが出たら、ツアーやるかなあ……。

|

« DVD | Main | MT本格導入 »