« December 2003 | Main | May 2004 »

Frigg

◆Members
Antti Järvelä - upright bass, fiddle
Esko Järvelä - viola, fiddle, nyckelharpa, harmonium
Alina Järvelä - fiddle
Gjermund Larsen - fiddle, hardanger fiddle
Einar-Olav Larsen - fiddle, hardanger fiddle
Tuomas Logren - guitar, dobro
Petri Prauda - cittern, mandolin, bagpipes

Additional members every now and then:
Tommi Asplund - fiddle
Sara Puljula - percussion
Laura-Beth Salter - mandolin
Tero Hyväluoma - fiddle
Roope Aarnio - mandolin, mandola
Topi Korhonen - guitar

◆Official Site
http://www.frigg.fi/
http://www.myspace.com/friggtheband (Myspace)

◆Plofile
フィンランドのKaustinen出身のJärveläとノルウェーのVerdal出身のLarsen(共にそれぞれの国の伝統音楽界では有名なフィドル一族)が中心となって結成された、若手バンド。JPPのTimo AlakotilaとAntti Järveläの共同プロデュースで、2002年に初めてのアルバムを発表。2003年はKaustinen Folk Music FestivalにてEnsemble of the Yearに選ばれる。2004年には初めてのアメリカ・ツアーを行っている。フィドル中心のバンドであることもあってか、しばしばJPPと比較されるが、音楽の方向性はまったく違う。Friggは、どちらかの国の音楽に特化することなく、アメリカのカントリーミュージックやブルーグラスといったものをそれぞれの国のと融合させており、音楽に独特な響きを持たせている。また、Larsen兄弟によるハルダンゲル・フィドルやPetri Praudaのエストニアン・パイプ、Esko Järvelaのニッケルハルパなど、演奏での楽器使いが多彩なのも大きな特徴のひとつ。

◆Albums
Economy Class /
Live /
Oasis(enhanced CD) / NSD6086(us) ※Keidasのus盤
Keidas / FRIGG00002(fin)
Frigg / FRIGG00001(fin), NSD6079(us)
※fin→フィンランド盤、us→アメリカ盤

|

JPP - Järvelän Pikkupelimannit

◆Members
Mauno Järvelä - 1st fiddle
Matti Mäkelä - 1st fiddle
Arto Järvelä - 2nd fiddle
Tommi Pyykönen - 2nd fiddle
Timo Alakotila - harmonium
Antti Järvelä - acoustic bass(2004年にTimo Myllykangasと交代、新加入)

◆Official Site
http://www.thejpp.fi/

◆Hoedown内のJPPページ
http://dev.sitefactory.fi/hoedown/www/main.site?action=siteupdate/view&id=7

◆Profile
ヘルシンキの北西約450kmに位置する小さな町カウスティネンで結成されたペリマンニ・バンド。フィンランドのフォーク・ミュージックのコンペティションで優勝し一躍有名に。フィンランドはもちろんのこと、国外でのコンサートは数知れず。スウェーデンのVäsenをはじめとするスカンジナヴィアのバンドとの共演も多数。その昔、Kaustinen Folk Music Festivalの"Yökatrilli (Night Quadrille)"にて、ノン・ストップで90分も演奏した経験あり(ギネス記録)。2002年にはJPPのドキュメンタリー映像"JPP Ja Pelimannisveugin Lumo"(英語タイトル:JPP - The incredible Finn Band)がフィンランドのテレビ局YLEで制作され、国内だけではなく、スウェーデンやチェコなどで放送された。 2010年11月に初来日。

◆Albums
Live in Duluth ※初のライヴアルバム
Artology / OArtCD4(fin), MPKM025(jp)
Huutokatrilli! / KICD75(fin)
History / NSD6026(us)
String Tease / ZENCD2056(fin), NSD6020(us), MPKM021(jp)
Kaustislainen rapsodia - Kaustinen Rhapsody / OMCD53(fin), GLCD4019(us)
Devil's Polska / GLCD4012(us) ※Pirun Polskaのus盤
Pirun Polska / OMCD37(fin)
I've found a new tango / OMCD32(fin)
New Finnish folk fiddling(double album) / OMCD15(fin)
Laitisen Mankeliska / OMLP9 ※LP盤。名義はMauno Järvelä ja Järvelän Pikkupelimannit。このときMaunoはまだJPPの正式メンバーではなかった
Johanneksen Poikain Sotiisi / TJJCD0007(fin) ※EP盤をCD化したもの
Järvelän Pikkupelimannit / JPPEP1(fin) ※EP盤
※fin→フィンランド盤、us→アメリカ盤、jp→日本盤

|

Väsen

◆Members
Olov Johansson - nyckelharpa
Roger Tallroth - 12-string guitar
Mikael Marin - viola

◆Official Site
http://www.vasen.se/

◆Profile
スウェーデンの都市ストックホルムの北に位置する、ウップランド出身のトラッド・バンド。3人とも子どもの頃からトラッドを演奏しており、最初にニッケルハルパ奏者のOlovとMikaelが出会い、さらにある音楽祭でRogerとOlovが知り合い(この時点で、RogerとMikaelはお互いを知っていたそうだ)、夜通し続いたセッションの末、バンドを結成することに。しばらくは3人で活動していたが、スウェーデンで人気のポップアーティストのバックバンドをやった際に、パーカッションのAndre Ferrariと出会う。彼を擁して制作されたCD「Världens Väsen」を97年に発表、その年のスウェーデン・グラミー賞に選ばれた。しかし、アメリカの同時多発テロ以来Andreは国外へ出なくなってしまったため、再びトリオとして活動を始め、現在に至る。国外でのコンサートは数多く、特にアメリカでのツアーは何度も行われている。04年には日本への初来日を果たし、続けて05年、06年、09年は弦楽器トリオで、07年秋は初めてカルテットとして来日。 2011年11月に6度目の来日が決定している。

◆Albums
Väsen Street / MPKM034(jp)
Världens Väsen 2007 * / ※1997年に制作された同アルバムに新しい曲を加えた盤
Linnaeus Väsen * / MPKM029(jp)
Live in Japan / NSD(us), MPKM024(jp)
Keyed Up / NSD6080(us), MPKM020(jp)
The Very Best of Väsen / MPKM018(jp) ※日本で制作されたベスト盤
Trio / NSD6077(us), MPKM017(jp)
Live at the Nordic Roots Festival */ NSD6065(us), MPKM002(jp), XOUCD135(swe)
Gront */ XOUCD126(swe), DHN1018(jp), NSD6041(us)
Världens Väsen */ XOUCD118(swe), DHN1020(jp)
Whirled */ NSD6006(us) ※Världens Väsenのus盤
Spirit / NSD6004(us) ※アメリカで制作されたベスト盤
Levande Väsen / DROCD009(swe)
Essence / Ethnic B6787(france)
Vilda Väsen / DROCD004(swe)
Väsen / DROCD001(swe)
※swe→スウェーデン盤、us→アメリカ盤、jp→日本盤
※* はカルテット

|

« December 2003 | Main | May 2004 »